PR

 Microsoftはこれまでに何度か,Windows NT 4.0,Windows 2000,そしてWindows Server 2003に含まれるNTBackupには機能面で制限があり,企業規模のバックアップ・ソリューションには適していないことを指摘している。とは言うものの,多くの企業ユーザーがいざという時のバックアップにNTBackupを使用している。だが,Windows Server 2008のリリース以降,Windowsに組み込まれた新しいバックアップ・ツールを使用した企業レベルの大規模なバックアップは,それ以前と比べて困難になっている。

 その理由は,Windows Server 2008でNTBackupの替わりに組み込まれたWindows Server Backupの動作が大きく変わっており,これまで長い間NTBackupを使用して実行してきたことができなくなっているためである。多くの管理者はその制限に悩まされている。ここでは,NTBackupとWindows Server Backupの相違点の中でユーザーを悩ますものをいくつか紹介し,いくつかについては回避策を紹介し,より機能の豊富なバックアップ・ソリューションを検討する理由を説明する。

悩みの種その1:Windows Server Backupはデフォルトでインストールされない

 Windows Server 2003およびWindows 2000のNTBackupはデフォルトでインストールされていた。だが,Windows Server 2008のWindows Server Backupはデフォルトではインストールされない。Windows Server Backupを使用するには,機能の追加ウィザードを使用してWindows Server Backupをインストールし,コマンドラインユーティリティwbadmin.exeを使用してServer Coreコンピュータのバックアップを行う必要がある。

 デフォルトのバックアップ・ソフトウエアがないという事態は,場合によっては大きな悩みの種となる可能性がある。動作が安定していないサーバーの調査を依頼され,確認して見たらそれまで一度もバックアップが実行されておらず,しかも新しいソフトウエアをインストールできない場合はどうすればよいだろう。より深く立ち入った調査を行うにはサーバーをバックアップしておきたいところだが,バックアップ・ソフトウエアがインストールされていなければ,サーバーの障害調査はより困難なものとなるだろう。多くの会社,特に規模の小さな会社では,問題が発生するまではバックアップのことなど考えないものだ。

 Windows Server 2008にバックアップ・ソフトウエアがインストールされないことによって発生する問題に巻き込まれることを回避する唯一の方法は,Windows Server Backupとwbadmin.exe機能をServer 2008の配備時にインストールすることである。残念ながら,一度もバックアップが実行しておらず,しかも恐らくWindows Server Backupがインストールされていないサーバーの調査が依頼される可能性は,それでも無くならない。Windows Server 2008では,自動アップデートの設定については非常に頻繁にメッセージが表示されるが,サーバーのバックアップについてはそのようなメッセージが表示されないのは残念である。そのような警告が出されれば,最も扱いにくい管理者でなければデータの安全なバックアップを確実に実行するだろう。

悩みの種その2:テープ・ドライブがサポートされない

 Windows Server Backupに関する最も驚くべき事実の1つは,テープ・ドライブがサポートされていないことである。誤解のないように書いておくと,Windows Server Backupおよびコマンドライン・ユーティリティwbadmin.exeは,テープへのバックアップの書き込みには使用できないのだ。これについては,確固たる理由が少なくとも1つはある。テープ・ドライブがフロッピ・ディスクと同じ道を辿りつつあるのだ。

 今日のハードディスクは,正気の沙汰とは思えないくらいの膨大なデータを保存できる。それだけでなく,バックアップおよびリストアに使用する場合,テープよりもはるかに高速である。ただし,たいていのITショップでは既存のバックアップ用テープ・ドライブを販売しており,性能の高いテープ・ドライブは相変わらず高価である。Windows Server 2008へ移行するということは,高価なテープ・ドライブがごみ収集装置になりかねないことを意味するのだ。

 以前のバージョンのWindowsからWindows Server 2008に移行するのであれば,伝統的なハードウエアであるテープ・ドライブを見限ってリムーバブル・ハードディスクをいくつか購入するか,他のベンダーのバックアップ・ソリューションを利用するかを決断しなければならなくなるだろう。

 また,Server 2008に完全に移行したら,テープに保存されたデータをどのようにしてリカバリするかを考えなければならない。Windows Server BackupではNTBackupのバックアップ・データはインポートできない。ただし,Microsoftはリストア専用のNTBackupをで提供している(該当サイト)。このNTBackupはテープ・ドライブからのデータ読み込みはできるが,書き込みはできない。つまり,既存のバックアップ・データをテープから抽出することはできるが,それ以上のことはできない。また,Windows Server 2008にNTBackupのリストア専用バージョンをインストールしてテープ・ドライブを使用するには,そのテープ・ドライブに対応したWindows Server 2008の正規のドライバが必要になる。だが,Windows Server Backupがテープ・ドライブをサポートしていないため,Windows Server 2008のサポートには消極的なテープ・ドライブのメーカーもあるのだ。