PR

■「DriverMax」は,コンピュータにインストールされているドライバのリスト作成やバックアップとリストア,アップデート管理などに役に立つツールである。コンピュータにインストールされているドライバをスキャンしてドライバのリストを作成する。
■リストアップされたドライバは,必要に応じてバックアップしておくことができるので,コンピュータの再インストールの時などに便利である。また,バージョンチェック機能もあるので,ドライバのアップデート管理にも利用できる。

■ソフト名 DriverMax(バージョン4.8)
XP Vista 2003
英語
■開発 Innovative Solutions社
■URL http://www.innovative-sol.com/
■ファイル drivermax.exe(3,058,424バイト)
■対応OS Windows XP/2003/Vista
■価格 無料
■評価
(5段階)
★★★☆

 コンピュータを自作しているユーザーが必要となる操作の1つにドライバのインストール作業がある,マザーボード関係の各種ドライバ(チップセット・ドライバやネットワーク・ドライバなど),ビデオやサウンド・カードのドライバ,またはハードディスク関連のドライバなど,その種類は多い。

 自作ユーザーでなくとも,ビデオや周辺機器などを使うために必要な各種ドライバをインストールしなければならないユーザーは多いだろう。使用中のコンピュータに,どのようなドライバーがインストールされているかを確認するためには,コンピュータのデバイス・マネージャを使うのが一般的である。だが,このデバイス・マネージャは一覧性に欠けるところがあり,ドライバを常に最新の状態に保っておきたいといった目的で使うにはやや不便なところがある。

ドライバの管理は面倒な作業

 アプリケーションやOSがプリインストールされたほとんどのコンピュータには,ドライバをまとめてインストールできるようにドライバ・セットCDなどが付属している。このCDは,コンピュータを再インストールする場合に役に立つ便利なものだが,この中のドライバは同じバージョンのままである。そのため,購入してからの時間の経過するとともに古くなってしまい,できれば新しいドライバに置き換えたい,といったユーザーもいるだろう。とくに自作機の場合は,コンピュータを組み立てるたびに新しいドライバをあちこちから探し回らなければならないのが手間である。

 こんなときに,ドライバを一括して管理できるツールがあればありがたい。現在のコンピュータのドライバを最新のバージョンのものにアップデートし,一括してバックアップしておくことができれば,再インストールの際には大いに役に立つだろう。今回紹介する「DriverMax」は,そんなユーザーのニーズに応えてくれるツールなのである。

ドライバの一覧とバックアップ/リストアが可能

 DriverMaxの機能は,大きく2つにわけられる,その1つは,現在コンピュータにインストールされているドライバのリストを作成し,ドライバのバージョンをチェックする機能だ。必要な場合には,このリスト上から最新のドライバをダウンロードし,アップデートすることがすることができるようになっている。

 もう1つの機能がドライバのバックアップとリストアの機能だ。リストアップされたドライバを(必要ならそのすべてを)バックアップし,コンピュータの再インストールの時に一括してインストールすることができるようになっている。そのため,コンピュータを再インストールする場合には,ハードウェアの構成が同じであれば,必要なドライバをもれなく一括してインストールできるといった便利な機能なのである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料