PR

 PMは、多くのステークホルダーの利害を調整しながら、プロジェクトを成功裏に完了させる必要があります。そこで必要なのは「物事を決めていくための決断力」です。「できる」と決断したことは確実にやり切る。「できない」と思えば、やらないという決断する。どちらの場合も、ダラダラとタイミングを逃していたら、大きな傷になってしまいます。

 もっとも、決断は勇気が要ります。いつも「できない」と言えば能力が低いと思われるし、「できる」と宣言してできなければ傷が広がるからです。PMは、できるようにする方法を極限まで考えなくてはなりませんが、それでも駄目なら「できないことはできない」と言う勇気を持つことが必要です。

ふ
図●不可能なことは不可能と言う!
芦屋 広太(あしや こうた)
システムアナリスト/IT教育コンサルタント。SE、PM、システムアナリストとしてシステム開発・システム統合などを経験。この過程で調査・分析した内容を「ヒューマンスキル教育」としてモデル化。現場での教育、雑誌・書籍の発表、セミナー・研修に利用する。