PR

 PMとしてプロジェクトを成功させるには、ユーザーとの良好な関係維持が欠かせません。ではどうしたら、良好な関係を維持できるのでしょうか?

 若手のPMがよく失敗するのは、ユーザーの言いなりになってしまうことです。言いなりになるのでは、本当の意味で良好な関係は築けません。本来、ビジネスでは、相手が必要とするサービスとその対価を対等な立場で交換しあうことが基本です。その関係を実現するには、やはり「必要以上に下手に出ない」というPMのスタンスが欠かせません。「自分のチームは最高のサービスを提供する」という強い自負を持つことが大事になるのです。

ひ
図●必要以上に下手に出ない!
芦屋 広太(あしや こうた)
システムアナリスト/IT教育コンサルタント。SE、PM、システムアナリストとしてシステム開発・システム統合などを経験。この過程で調査・分析した内容を「ヒューマンスキル教育」としてモデル化。現場での教育、雑誌・書籍の発表、セミナー・研修に利用する。