PR

 5年前と比べて下がったとはいえ、最も成功率(順守率)が高いのはコストだ。ユーザー企業にとって予算は所与の条件。そうやすやすと変更できるものではないことが伺える。

 コストの順守に失敗した企業はどの程度まで超過を許しているのだろうか。それを示したのが図1だ。この図で「計画から2割未満の差」とあるのは、例えば1000万円のプロジェクトで1200万円までの範囲でコストを超過させてしまったことを示す。

図1●実際のコストと計画からのずれ<br>有効回答は393件。順守率と超過金額でクロス集計したため、有効回答数が438件から減った。その結果、全体のコスト成功率と割合は異なっている
図1●実際のコストと計画からのずれ
有効回答は393件。順守率と超過金額でクロス集計したため、有効回答数が438件から減った。その結果、全体のコスト成功率と割合は異なっている
[画像のクリックで拡大表示]

 この分析結果によると、コスト超過のほとんどは「5割未満」に収まっていることがわかる。コストが超過し、超過具合まで回答があった116件のうち、81.9%はこの範囲だ。

 次にプロジェクト規模別でみる(図2)。すると大規模な案件ほど「5割以上超過する」割合が増えることがわかった。5000万円未満の小規模案件では、5割以上超過する割合は13.9%にすぎなかったが、5億円以上の大規模案件では33.3%まで増える。金額が大きいので、影響も大きくなる。

図2●プロジェクト規模別のコスト超過具合<br>大規模になるほど5割以上超過する割合が増える。有効回答は114件
図2●プロジェクト規模別のコスト超過具合
大規模になるほど5割以上超過する割合が増える。有効回答は114件
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料