PR

 納期についてもコスト同様に分析を試みる。計画に対してどれだけ納期がずれたかを示した(図1)。コスト同様にほとんどの企業で5割未満の遅れにとどまっていることがわかる。プロジェクトが遅延した企業で遅れ具合まで回答した153社のうちの73.9%がこの範囲だ。

図1●納期の計画からのずれ<br>有効回答は392件。順守率と稼働時期でクロス集計したため、有効回答数が438件から減った。その結果、全体の納期成功率と割合は異なっている
図1●納期の計画からのずれ
有効回答は392件。順守率と稼働時期でクロス集計したため、有効回答数が438件から減った。その結果、全体の納期成功率と割合は異なっている
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、コストの場合よりも2倍以上遅れた企業の割合も目立つ。1年で開発する計画だったなら2年以上かかったことになり、企業にとっては深刻だ。遅れ具合まで回答した企業の11.8%である18社が2倍以上遅れている。

 プロジェクト規模別では、コストよりも顕著に違いが出た。5000万円未満の小規模案件であれば86.2%が5割未満の遅れで済んでいるのに対し、5億円以上の大規模案件では逆に47.6%が計画より5割以上遅れた(図2)。

図2●プロジェクト規模別にみた納期の遅れ具合<br>大規模になるほど遅れ幅が大きくなる。有効回答は150件
図2●プロジェクト規模別にみた納期の遅れ具合
大規模になるほど遅れ幅が大きくなる。有効回答は150件
[画像のクリックで拡大表示]

 前述したように大規模案件だからといって成功率にあまり差はない。どの規模でもほぼ3割前後だ。しかし、ひとたび遅れると大規模ほど遅延する傾向にある。これは5年前の調査でも同様の結果が出ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料