PR

◆ Heartbeat の起動

それでは,1+1Cross構成の設定で,Heartbeatを動作させましょう。Heartbeat の起動は,以前の手順と同様です。

[1] crm_mon の起動

# crm_mon -i1 Enterキー

 クラスタ状態表示コマンドcrm_monを,Heartbeatを起動させる前に,いずれかのノードで実行しておきます(写真1)。

写真1●クラスタ状態を表示する「crm_mon」を実行した画面
写真1●クラスタ状態を表示する「crm_mon」を実行した画面
[画像のクリックで拡大表示]

[2] Heartbeat の起動

# service heartbeat start Enterキー

 クラスタ・ノード2台(hb01, hb02)それぞれで次のコマンドを実行し,Heartbeatを起動させます(写真2)。

写真2●クラスタ状態が表示されたところ
写真2●クラスタ状態が表示されたところ
[画像のクリックで拡大表示]

 しばらくすると,ノードhb01,hb02が有効化され,「online」と表示されます(写真3)。

写真3 ●クラスタ・ノードがオンラインになったところ
写真3 ●クラスタ・ノードがオンラインになったところ
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料