PR

 MicrosoftがWindows Server 2008の価格体系を発表したとき,そのリストの中に意外なものがあった。「Microsoft Hyper-V Server 2008」と呼ばれるWindows Serverの新バージョンがそれだ。Hyper-Vという名前を聞くと,Windows Server 2008向けのの1機能として提供されている「Windows Server 2008 Hyper-V」を思い出す人が多いだろう。紛らわしい名前だが,今回解説するMicrosoft Hyper-V Server 2008はそれとは別のものである。MicrosoftのWebサイトから無償で入手でき,Windowsサーバー仮想化環境をを試用するのに最適な製品だ。

無償で利用可能なWindowsサーバー仮想化環境

 Microsoft Hyper-V Server 2008は,スタンドアロンのサーバー仮想化製品で,2008年10月からMicrosoftのWebサイトで無償ダウンロード可能である(マイクロソフトのサイト)。この製品を簡単に言うと,GUI抜きのWindows Server 2008である「Server Core」と仮想化ソフトの「Windows Server 2008 Hyper-V」を組み合わせたようなものである。

 技術的な観点から正確に言うと,Hyper-V Server 2008にはWindows Server 2008もServer Coreも含まれていない。つまり,こうした従来型のOSをホストOSとしてインストールしているわけではない。その代わりに,ドメインへの参加やコンピュータ名の変更などの基本的な機能を提供する必要最低限のコマンド・ライン環境を提供しているのだ。そして,Windows Server 2008の1機能であるWindows Server 2008 Hyper-Vと異なり,Hyper-V Server 2008上で動作させる全てのゲストOSには,改めてライセンスが必要となる。

 また,システムのゲストOSに仮想化OSをインストールする機能が搭載されていないのも,Hyper-V Server 2008の注目すべき点だ。それを実行するには,Hyper-V Managerコンソールを使って,リモートからサーバーにアクセスする必要がある。Hyper-V ManagerコンソールはWindows Server 2008に含まれているほか,32/64ビット版Windows Vista SP1向けのものを無料でダウンロードすることが可能だ。

インストール手順はHyper-Vとほぼ同じ

 Hyper-V Server 2008を利用するために必要なハードウエア要件は,Windows Server 2008にHyper-Vをインストールする場合と同じである。つまり,x64互換のIntel/AMD製マイクロプロセッサ,ハードウエアによる仮想化支援機能(Intel VTまたはAMD-V),IntelのXDビットまたはAMDのNXビットによるハードウエア・データ実行防止(DEP)機能を搭載したサーバーが必要だ。

 Hyper-V Server 2008のインストール手順は,ほかのバージョンのServer 2008とよく似ており,同様のウィザード形式のセットアップ・ルーチンを使用する。セットアップが完了すると,Hyper-V Serverは管理者アカウント用の長々しいパスワードの入力を促し,何もないデスクトップ上にコマンド・ラインのウィンドウが2つあるだけのServer Coreと同じ入力画面を表示する。

 このインタフェースから追加でOSをインストールすることはできない。だが,ワークグループやドメインへの参加,コンピュータ名の割り当て,基本的なネットワーク設定の変更,ローカル管理者アカウントの追加,Windows Updateやリモート・デスクトップ,地域と言語,日付と時刻の設定など,いくつかの基本的な管理タスクを実行することは可能だ。ただし,VMのインストールや管理は,別のパソコンやサーバーからHyper-V Manager(またはSystem Center Virtual Machine Manager 2008などの関連ツール)を使う必要がある。

管理にはHyper-V Managerを使う

 Server 2008でHyper-V Managerを使えるようにするのは簡単だ。だが,VistaからHyper-V環境(Server 2008,Hyper-V Serverに関係なく)に接続するのに苦労している人が多い。Microsoftが対処法を記した文書をいまだに公開していないことが,この問題をさらに悪化させている。Hyper-V Managerコンソールを使って,VistaからHyper-V環境へのリモート接続をはじめて実行したときには,エラー・メッセージが表示される可能性が高い。この接続問題の解決方法は,環境によって様々だ。筆者の知る限りでは,Microsoftの上級プログラム・マネージャであるJohn Howard氏が自身のブログに掲載している説明が最も分かりやすい。Howard氏は,Hyper-V製品に携わっている。

 Hyper-V Managerの仮想サーバーへの接続が成功したら,その後の管理作業は容易だ。3つのペインで構成される標準管理ツールのMicrosoft Management Console(MMC)から,新しいVMの作成,VMのインポート(ただし,ほかのHyper-V環境からのみ),仮想ハードディスク(VHD)ファイルの検査や編集などを行える。さらに,Virtual Network Managerツールを使って,仮想ネットワークを管理することも可能だ。このツールは,テストを行なうときにとりわけ便利である。Virtual Network Managerを利用すれば,ほかの仮想ネットワークやホスト環境から孤立した仮想ネットワークを作成したり,それらと連携できる仮想ネットワークを作ることも可能だ。

Windowsの仮想化を試用するのに最適

 MicrosoftがHyper-V Serverでターゲットにしているのは,まだWindows Server 2008へのアップグレードは実行していないものの,自分たちの環境内でハイパーバイザ・ベースの仮想化技術を実装してみたいと考えている中小企業(SMB)だ。Hyper-V Serverは,Microsoftの新しい仮想化プラットフォームを試しに使ってみたいときに最適だ。まだWindows Serverの最新版に移行する準備ができていない人にとっては,特にそうだろう。Hyper-Vは,しばらくの間Windows Server 2003を使い続けたいと考えている中規模の企業や,ローカルで環境のテストを行なう必要のある人にとって,素晴らしいソリューションだ。しかも,無料でWebからダウンロードできるので,コスト面でも全く問題がない。