PR

■『日経NETWORK倶楽部メール』2008/12/26(vol.44)

☆☆☆今年もご愛顧ありがとうございました☆☆☆

 こんにちは。編集長の藤川です。

 2008年も残すところあとわずかとなりました。今年も日経NETWORKを
ご愛顧いただきありがとうございました。

 この時期になると,通信事業者,特に携帯電話事業者のネットワーク
を運用管理している方々は気をもんでいるかもしれません。「年が変わ
る元日の午前0時に集中する“おめでとうメール”の影響でネットワー
クが不通になるんじゃないか」という心配があると思ったからです。

 こうした突発的なトラフィックに対して万全に対処しようとすると,
無駄なコストがかかってしまいます。かといって放置しておくわけにも
いきません。各事業者のネットワーク管理者は,いろいろと工夫を凝ら
して対策を講じていることと思います。視点を変えて見ると,あれだけ
トラフィックが集中しても致命的な障害を起こさずにメールのやりとり
ができるのは,各事業者のネットワーク管理者のおかげといえます。

 ただ,そうした苦労はなかなか報われないものです。ネットワーク技
術者の味方である日経NETWORKとしては,“おめでとうメール”を送る
とき,少しでもいいので,サービスの裏側でネットワークを運用管理す
る技術者がいることを思い起こしてほしいと思ったりします。

 日経NETWORKは今後もネットワーク技術者のみなさんの立場になって
さまざまな役立つ記事をご提供していくつもりです。

 それではみなさま,よいお年をお迎えください。

 本誌記事ならびに日経NETWORK倶楽部メールに関するご意見・ご感想
をお待ちしています。送付先は以下の通りです。

e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

============================================================================

■INDEX
1.特集プラスワン
 ●ミクロの世界から宇宙空間まで
 ●起業したらWindows Home Serverを使ってみませんか
2.「トラブルからの脱出」取材日記
 ●「武器」になるネットワーク構成図の作り方
3.今号のリンク
4.今月のおさらい
5.編集部からのお知らせ
6.次号(2009年2月号)予告

============================================================================

1.特集プラスワン

●ミクロの世界から宇宙空間まで

 1月号の特集1では,日経NETWORKが選んだ「注目のネットワーク技術」
を紹介しました。毎年恒例のお正月特集ですが,今回はやや趣を変えま
して,2009年にこだわらず,もっと先を見越した通信技術も取り上げて
います。タイトルが「近未来の通信技術」となっているのは,そのため
です。

 取り上げた技術のラインアップも例年以上にバラエティに富んでいま
す。ここで簡単に紹介させていただきますと,ついにギガビットに達す
る無線LANの「IEEE802.11 VHT」,グリーンIT版イーサネット「EEE」,
生体内の情報伝達を再現する「分子通信」,電脳コイルで話題になった
「拡張現実」(AR),どこでもサクサクの「衛星ブロードバンド」,惑
星間インターネットの通信プロトコル「DTN」,量子コンピュータでも
破られない「超高速秘密分散方式」――といったメニュー構成になって
います。

 どこを読んでも,どこから読んでも楽しめるようになっていると思い
ます。年末年始のお時間のあるときに,パラパラとめくってもらえると
幸いです。(加藤)

----------------------------------------------------------------------------

●起業したらWindows Home Serverを使ってみませんか

 1月号の第2特集では,サーバーOSの新顔「Windows Home Server」を
取り上げました。これまで販売方法は,PCパーツとのセット売りが中心
だったため,知名度はあまり高くありませんが,2008年11月からNECや
デルといった大手PCメーカーがサーバー機にバンドルするなど,2009年
にブレイクする可能性があります。

 Windows Home Serverの特長は,クライアントに専用ソフトウエアを
導入させることでエージェント機能を持たせ,サーバーの設定を容易に
したことです。IISとダイナミックDNSを組み合わせてLAN外部からファ
イルを共有する,クライアントのハード・ディスクを定期的にバックア
ップするといった機能を簡単に利用できます。特集では,これらの詳細
な操作方法や設定方法,ちょっとした工夫で標準機能の利便性を一気に
向上させるテクニックを紹介しています。

 Windows Home Serverの活用に適した場所は,「Home」と名が付くの
で家庭と思われがちですが,ビジネスでも利用可能です。SOHOや中小企
業向けのマイクロソフトのサーバーOSは複数ありますが,ざっくりクラ
イアント数で分類すると,10クライアントまでがWindows Home Server
で,75クライアントまではWindows Small Business Server,300クライ
アントまではWindows Essential Business Serverといった感じです。
実は,この三つのサーバーOSは開発チームが同じです。そのため,使い
勝手も似ており,乗り換えしやすくなっています。

 起業したときはWindows Home Serverを使い,会社の成長に合わせて
利用するサーバーOSを切り替えていくのもよいかもしれません。おかし
な例えかもしれませんが,出世魚みたいですね。(齊藤)

============================================================================

2.「トラブルからの脱出」取材日記

●「武器」になるネットワーク構成図の作り方

 2009年1月号の「トラブルからの脱出」では,遠隔地からトラブル・
シューティングに挑み,見事に解決まで導いた事例を紹介しました。ト
ラブルの原因探しで役に立ったのが,事前に作成していたネットワーク
構成図です。

 取材でそのネットワーク構成図を拝見したとき,その見やすさに驚き
ました。そこで取材では,ネットワーク構成図を見やすく作るコツは何
か?という話題で盛り上がりました。

 まず,構成図がとてもビジュアルでした。どこにどんな機器があるの
かが一目見て頭に入ってきます。なぜかと思ってよく見たら,機器のア
イコンに,ベンダーが用意しているものを使ったり,解像度を落とした
画像を貼り付けたりしていました。こうしておくと,機器の型番だけを
見て「これってどんな機器だっけ?」という心配がなくなります。

 それに,構成図がごちゃごちゃせずにスッキリまとまっていました。
これについて聞いてみたところ,「A3用紙を使うこと」と「用途で3枚
に分けること」というコツを教えていただきました。用途というのは,
論理構成を示した「論理構成図」,物理構成を示した「物理構成図」,
機器の実際の配置を示した「機器設置図」の三つです。それぞれの構成
図をA3用紙1枚に収まるように描くことを心がけているそうです。

 これら3枚のネットワーク構成図が,トラブル解決時の「3種の神器」
ならぬ「3種の構成図」になるわけです。(半沢)

============================================================================

3.今号のリンク

最新の2008年1月号で紹介したURLを,コラム別にまとめました。

----------------------------------------------------------------------------
●特集1「近未来の通信技術」(pp.18-29)

全国地域情報化推進協議会の調査した「ブロードバンド全国整備に向け
た都道府県ロードマップ(V2.0)」
http://www.applic.or.jp/2008/infra/roadmap/

----------------------------------------------------------------------------
●あの脅威は今(p.52)

米サンズ・インスティチュートがインターネットへ直接接続したパソコ
ンの生存時間について調査した文書「SANS Internet Storm Center Diary,
“ Survival Timeon the Internet”」
http://isc.sans.org/diary.html?storyid=4721

----------------------------------------------------------------------------
●今月の逸品「電気刺激機能付きUSBマウス」(p.53)

健康器具「筋肉マウス」の製品情報
http://www.thanko.jp/kinniku_mouse/

----------------------------------------------------------------------------
●インター博士とネット君の3分間NetWorking Annex(p.54)

誰にでもよくわかるネットワーク講座「3分間NetWorking」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/3min/

----------------------------------------------------------------------------
●インターネットの基礎講座 アプリケーション編(pp.60-63)

ミクシィが提供するSNSサービスのWebサイト
http://mixi.jp/

セレゴ・ジャパンが提供する語学学習サイト「iKnow!」
http://www.iknow.co.jp/

----------------------------------------------------------------------------
●何でもネットワーク実験室(pp.76-79)

フリーのパケット解析ソフト「Wireshark」のWebサイト
http://www.wireshark.org

----------------------------------------------------------------------------
●スクエア 編集室から(p.106)

スマートフォンで映像のライブ配信ができるサービス「Qik」のサイト
http://qik.com/

----------------------------------------------------------------------------
●展示会/セミナー

第9回 ファイバーオプティクス EXPO -FOE 2009-
http://www.foe.jp/

Microsoft Tech Days 2009“Best of PDC”
http://www.event-marketing.jp/events/techdays/site1st/index.html

ネットワークファーストステップ
http://www.school.ctc-g.co.jp/cisco/N606.html

ネットワークのトラブルシューティング・実践トレーニング(Cisco編)
http://www2.knowledgewing.com/course/cd?c=UCC07L

インターネットセキュリティ技術
http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=SN100

アジアの光ブロードバンド動向
http://www.oitda.or.jp/main/study/ngn/ngn.html

実践ネットワーク管理
http://www.neclearning.jp/public/course.php?cd=NW983

============================================================================

4.今月のおさらい

 日経NETWORKではITpro(http://itpro.nikkeibp.co.jp/index.html)
の「今日の腕試し!」コーナーで毎週木曜日にクイズを公開しています。
過去1カ月に紹介したクイズを紹介します。あなたのネットワーク実力
チェックにぜひご利用ください。

●トレンドマイクロやシマンテックといった大手セキュリティ・ベンダー
が,仮想化ソフトの上で稼働するソフトウエアの形態で,Webやメール
のセキュリティ・ゲートウエイを出荷しました。この形態の製品を何と
呼ぶでしょう。
1)バーチャル・ボックス
2)バーチャル・コンソール
3)バーチャル・リアリティ
4)バーチャル・アプライアンス
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081209/321047/

●WebブラウザのユーザーにWebコンテンツ上のボタンを気付かないうち
にクリックさせて,クラッカがユーザーの振る舞いをコントロールする
攻撃が登場してきています。この攻撃を何と言うでしょう。
1)クリックトラッピング
2)インビジブル・ボタン
3)クリックジャッキング
4)ボタンクラック
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081210/321144/

●インターネットはプロバイダ同士がつながってできています。このう
ち,他のプロバイダと経路情報を交換するだけでフル・ルート(インター
ネット上のすべての経路情報)を入手できるプロバイダのことをなんと
呼ぶでしょう。
1)Tier1
2)Level1
3)Peer1
4)Internet1
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081203/320627/

============================================================================

5.編集部からのお知らせ

●『絶対わかる! NGN&WANサービス超入門』を発売しました
 日経NETWORKの超入門シリーズの第24弾「絶対わかる!NGN&WANサービス
超入門」が完成しました。NGNを中心に,最新のサービス内容をわかりや
すく整理してまとめました。はじめてWANサービスを利用して実際のネット
ワークを設計・運用する方はもとより,ネットワークを更新・再設計する
方にも役立つ情報が満載です。専門的な予備知識がなくても,ビジュアル
な図解と懇切丁寧な記述で最新技術が身につけられるわかりやすい誌面構
成になっています。

 価格は税込みで2200円。書店のほか,以下のURLからお申し込みいた
だけます。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/181370.html

============================================================================

6.次号(2009年2月号)予告

●特集1「速くなる! 便利になる! 次世代イーサネットのすべて」
 今,イーサネットが熱い! この特集では,「高速化のための技術」,「い
ろんなフレームを運ぶための技術」,「信頼性を高めるための技術」の
三つのキーワードで,最新のイーサネットのしくみや技術動向について
ご紹介します。高速化の技術では100Gビット/秒の標準規格やベンダー
独自方式を,いろんなフレームを運ぶ技術ではFCoEやExpEtherなどを紹
介しますよ。お楽しみに!(久保田)

●特集2「ユーザーの位置がわかるネットワークのしくみ」
 ユーザーがインターネットにアクセスしている場所や,携帯端末を使って
いる場所を判定する技術が,実は結構使われています。地図情報サービ
スで現在地が示されたり,Webサイトにアクセスしたときにアクセス元
の地域の情報が表示されたのを見た方がいるかもしれません。こうした
位置情報の多くは,ネットを使って割り出しています。特集2では,ユー
ザーの位置がわかるまでのしくみを解説します。(山崎)

============================================================================

★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------------
◆メール登録内容の変更はこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/servlet/UpdateUserTopServlet
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。

◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせはこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html

◆日経NETWORK倶楽部メールに関する各種お問い合わせはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/

◆日経NETWORKおよび日経NETWORK倶楽部メールの内容に関するご意見・
 ご要望はこちらまで。
e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

◆日経BP社に関する各種お問い合わせはこちらから。
http://store.nikkeibp.co.jp/QA/
tel:03-5696-1111

◆日経NETWORKのWebサイトはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/

◆ネットワーク技術を学び使う人のための情報サイト「ネットワーク・
エンジニア倶楽部」はこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/netengineer/

◆ネットワーク・エンジニア倶楽部の内容に関するご意見・ご要望はこ
ちらまで。
e-mail:neteclub@nikkeibp.co.jp

============================================================================
Copyright(C) 2008,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3

============================================================================