PR

 現場で起きた事象を理解するにはDHCPの仕組みを把握しておく必要がある。まずは,MACアドレスとIPアドレスがどのようにして関連付けられるのかについて解説する。その上で,その役割を担うDHCPサーバーの仕組みについて解説する。

MACアドレスとIPアドレス

 MACアドレスとIPアドレスが関連付けられる仕組みについて解説する前に,まずはIPアドレスについて簡単に解説しておこう。

 IPアドレス(Internet Protocol Address)とは,パケットを送受信するネットワーク機器やPCを判別するための論理アドレスである。OSI参照モデルではネットワーク層のアドレスにあたる。IPアドレスには大きく分けて「プライベート・アドレス」と「グローバル・アドレス」の2種類がある。そのほかにもリンクローカル・アドレスやブロードキャスト・アドレスなどの特殊用途のアドレスもあるが,ここでは解説を割愛する。

 プライベート・アドレスは社内LANのように外部からは接続できないプライベート・ネットワークで使用される。一方,グローバル・アドレスはプライベート・アドレスやリンクローカル・アドレス,特殊用途のアドレスなどを除いたアドレスで,インターネットへの接続に使用される。IPアドレスはMACアドレスと違いハードウエア固有のアドレスではなく,論理アドレスである。ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)を頂点とした階層的な委譲関係組織によって管理されている。日本ではJPNIC(Japan Network Information Center)によって管理されており,ISPや企業,あるいは個人などに割り当てられている。社内LANではプライベート・アドレスを使用し,NAT(Network Address Translation)やNAPT(Network Address Port Translation)といった技術によりプライベート・アドレスとグローバル・アドレスを変換して,インターネットへの接続を実現しているケースが多い。

IPアドレスの手動設定

 ネットワーク上の通信では,このIPアドレスとMACアドレスを関連付け,論理的な階層の中でデータを送受信する。IPアドレスの設定には,手動で行う方法と自動で行う方法があり,後者では一般的にDHCPという仕組みが用いられている。

 手動による設定方法は使用しているOSによって異なるが,WindowsではNICのプロパティから設定が可能である。この設定で「次のIPアドレスを使う」を選択し,IPアドレスを入力すれば手動設定となる(図3)。

図3●IPアドレスの手動設定