PR

池田 輝久
エンパワー・ネットワーク プリンシパル

 信頼される仕事をするチームには,チームの誰からも「あの人のようになりたい」と一目置かれるエンジニアや,ユーザーの誰からも「次もあなたと一緒に仕事をしたい」と信頼されるエンジニアがいる。そのようなエンジニアは「ネイチャー・スキル」と呼ぶ能力を持っている。

 ネイチャー・スキルとは「誠実さ」「熱意」「勤勉さ」「忍耐強さ」「積極性」「自信」「勇気」「冷静さ」「健康」「礼儀正しさ」「常識」「行動力」「達成力」「モチベーション」「想像力」「分析力」「計数管理力」「判断・決断力」「情報活用力」「プランニング力」…といったものだ。これらが自分に当てはまるかどうか,再点検してみてほしい。ネイチャー・スキルが高い人がチームにいれば,そのチームの雰囲気は明るくなり,仕事に前向きに取り組むようになる。

 プロのエンジニアは,ネイチャー・スキルを高めるための行動を欠かさない。特別なことではない。まずは,常に明るく元気に挨拶をすることである。それによって,チーム全体が自分たちの仕事に前向きに取り組む雰囲気を作るように心がけるのだ。自分の存在がプロジェクトを明るくすると,周りからも,大きな見返りを得られるもの。そのようにして仕事にまい進できる環境ができていく。

[画像のクリックで拡大表示]