PR
アンケートの回答受け付けは終了しました

 日経ソリューションビジネスは、2009年のテーマを「100年に一度の雑誌作り」としています(関連記事)。100年に一度の提案、すなわち100年に一度の危機を乗り越えることができる提案の実現を助ける誌面を作るというものです。

 日本経済はいまだに深刻な不況が続いています。4月1日に日本銀行が発表した「全国企業短期経済観測調査2009年3月調査(短観)」によると、企業の景況感を表す業況判断指数は、大企業製造業の業況判断指数で過去最悪を更新しました。なかなか明るい話題を見いだせないのが現状でしょう。

 この3カ月の間、「不況に勝てるようなIT活用を提案するITベンダーやSIerを多く見つけたい」という思いで取材を続けてきました。確かに不況以前とは異なった提案をするベンダーは登場しています。例えば今年に入って、「不況を乗り切る」をキーワードにしたソリューションやサービスが複数登場しています(関連記事)。

 その一方で、あるSIerの営業担当者は「RFP(提案依頼書)を提出してもらっていないのに、何を提案していいのか分からない」と言います。この営業担当者ほどではないにしても、「この状況で、どのような提案をしていけばいいのか」と考えあぐねる担当者は少なくありません。こうしたことを考える余裕さえなく、目前の目標達成だけを考えている人もいるようです。

 本誌は、この不況下でIT業界の営業担当者を中心に日々、どのようなことを感じているかを調査することにしました。ぜひ以下のアンケートにお答えいただければ幸いです。調査結果は個人を特定できない形で集計・分析し、日経ソリューションビジネスで公開する予定です。締め切りは4月13日(月)です。ご協力、どうぞよろしくお願いします。


Q1.2008年秋以降、顧客に何を提案すべきか迷うことが増えましたか(ひとつだけ)
※ユーザー企業にお勤めの方はQ2にお進みください

はい
いいえ
その他 

Q2.現在、顧客に提案したいと考えているテーマは何ですか(いくつでも)
※ユーザー企業にお勤めの方は「提案してほしい」と考えているテーマをお答えください

IT関連のコスト削減策
業務改善まで含めたIT以外の部分でのコスト削減策
ユーザー企業の売り上げ拡大に寄与するITの導入
内部統制やコンプライアンス(法令順守)
セキュリティ
その他 

Q3.Q2のテーマの中で、実際に提案している商材/ソリューションは何ですか(いくつでも)
※ユーザー企業にお勤めの方は「提案してほしい商材/ソリューション」をお答えください

ERP(統合基幹業務システム)パッケージ
SCM(サプライチェーン・マネジメント)ソフト
CRM(顧客関係管理)ソフト
BI(ビジネスインテリジェンス)ソフト
コラボレーション・ソフト(グループウエア,電子メール,SNS,ブログなど)
セキュリティ関連
仮想化ソフトなどを利用したITインフラの統合
SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)の利用
アウトソーシングの活用
その他 

Q4.ユーザー企業に何を提案すべきかについて、日頃考えていることをご自由にお書きください
※ユーザー企業にお勤めの方はQ5にお進みください

Q5.あなたの勤務先を教えてください(ひとつだけ)

システム・インテグレータ,メーカー,ディーラー,ソフト製品開発などIT関連企業
製造,サービス,金融,流通,官公庁などのITのユーザー企業
その他 

Q6.あなたの勤務先の売り上げ規模を教えてください(ひとつだけ)

Q7.あなたの職種を教えてください(ひとつだけ)

管理職・経営者
営業/マーケティング
コンサルタント
プロジェクト・マネジャー
SE/プログラマ
保守/サポート
その他