PR
名 称:The Student Day 2007 
開催地:コンピュータ総合学園HAL大阪 
URL:http://www.microsoft.com/japan/msdn/sd/
名 称:The Student Day 2007
開催地:コンピュータ総合学園HAL大阪
URL:http://www.microsoft.com/japan/msdn/sd/

 今年も,全世界の学生を対象とした技術コンテスト「Imagine Cup」の季節がやってきました。回を重ねるにつれて規模が拡大しているこの大会は,若者たちが国の誇りとテクノロジーへの自信を胸に,まさに世界の頂点を目指す戦いといった様相を見せつつあります。

 2007年3月25日,そのImagine Cupの中で最も人気がある部門の「ソフトウェア デザイン部門」において,世界の舞台に立つ日本代表チームが決定しました。最終審査に残った3チームによるプレゼンテーション対決,勝ち抜いたのは果たしてどこのチームだったのでしょうか。世界大会への出場権をかけた熱い戦いをレポートします。

世界の舞台に立つ日本代表を選ぶ戦い

 最初にImagine Cupを簡単に紹介しておきましょう。Imagine Cupは,米Microsoftが主催する学生向けの技術コンテストです。2006年までに4回実施されています。第2回の世界大会は,横浜市での開催でした。毎年開催するたびにその規模は拡大していて,参加国も増加の一途をたどっています。

 Imagine Cupには複数の部門があります。アルゴリズム部門,ショートフィルム部門などです。これらの部門の中でもメインとなるのが,与えられたテーマをもとに,システム開発の総合力を競う「ソフトウェア デザイン部門」です。

 このソフトウェア デザイン部門を勝ち抜いていくには,企画力,設計力,実装力,戦略力,表現力,交渉力――など,様々な能力が要求されます。私がこれまでに見た2回の世界大会に出場した作品も,これらが総合的に評価されていました。参加する学生にとっては,持てる知力のすべてを尽くしてかからなければならない厳しい戦いです。過去数十年間,世界第2位のIT市場としてたゆまない成長を続けてきた日本にとって,とてもやりがいのある戦いともいえます。

 2007年3月25日,コンピュータ総合学園HAL大阪にて「The Student Day 2007」が開催され,その中のメイン・プログラムとして,世界大会の舞台に立つ日本代表を決定する「Imagine Cup 2007 日本大会 ソフトウェア デザイン部門 国内最終予選会」が行われました。

確かな実績を感じたオープニング・セレモニー

 今年のThe Student Dayのオープニング・セレモニーは,例年とちょっと趣向が違っていました。最初に流れたのは,昨年「Imagine Cup 2006 世界大会」に出場し,トップ6に入った日本代表チームの奮戦ぶりをまとめたドキュメンタリー・ビデオです。

写真1●司会を務めたマイクロソフトの田中達彦さん
写真1●司会を務めたマイクロソフトの田中達彦さん
写真/矢崎茂明

 続いてトーク・セッションが行われました。メンバーは,この日の司会進行役を務めたマイクロソフト デベロッパー アンド プラットフォーム統括本部の田中達彦さん(写真1)と,昨年の日本代表チームのチームリーダーで,現在,大阪大学大学院に在籍する中山浩太郎さんです。

 田中さんは中山さんに「世界大会に参加してどんなことを感じたか」「自分自身,世界大会に出てどんなところが変わったと思うか」などの質問をぶつけていきます。中山さんは「世界の学生のプレゼンテーション・スキルの高さに驚いた」「いいものを作ったと思うなら,それを十分に伝えることが大事だと考えるようになった」などと,ていねいに答えていきます。彼はまた「世界と戦うのは大変だと思うかもしれないが,実はそんなに大きな差はない。自分たちのいいところを発見できる場だから挑戦してみることが大切」だとも語りました。

 さらに,この日後半のプログラムには,ユビキタスの最前線を語る講師として,前川卓也さんが名を連ねていました。やはり2006年の日本代表チームの一員で,今はNTTコミュニケーション科学基礎研究所に勤務している方です。

 オープニング・セレモニーの間,私の頭の中にはずっと“実績”という言葉が浮かんでいました。2006年のImagine Cup,ソフトウェア デザイン部門で,日本の学生たちが世界を相手に確かな足跡を残したのは事実なんだと。あらためてうれしく思うとともに,2007年のImagine Cupに代表として出場するチームにも,大きな期待をかけてしまいます。