PR

 米Microsoftは,次期クライアントOSである「Windows 7」の発売を,2009年10月22日と発表した(関連記事)。日本での発売日に関してはまだ正式発表されていないものの,発売日前日の深夜には,お祭り好きなWindowsユーザーや,プレス関係者が秋葉原に集結し,カウントダウンが始まることになるだろう。筆者もご多分に漏れず,その中に紛れ込んでいるはずである。

 それにしても,Windows Vistaの発売からは,まだ2年半しか経っていない。Windows XPからVistaまでの道のりが長かっただけに,Windows 7がやけに早く登場した感は否めない。最近Vistaマシンを購入したという人の中には,もしかすると若干の後悔の念をもつ人もいるかもしれないが,まずは無事にWindows7の発売日が決定したことを素直に喜ぶことにしよう。

 さて,今回のRC版のレビューは,コントロール・パネルを中心に検証してみたい。もちろんコントロール・パネルの項目は非常に多く,細かい違いまですべてを,今回の記事だけで紹介しきれるものではない。そこで,まずは目についた変化から順を追って紹介することにする。

「すべてのコントロールパネル項目」のアイコンがない

 RC版のコントロール・パネルを開いて最初に気付く変化は,ベータ版の左側にあった「コントロールパネルホーム」のボタンや「すべてのコントロールパネル項目」のアイコンがなくなったことだ(図1図2)。その代わりに,RC版では[表示方法]というドロップダウン・リストが右上に追加され「大きなアイコン」もしくは「小さなアイコン」を選択することによって「すべてのコントロールパネル項目」を表示するように変更された。

図1●Windows 7ベータ版のコントロール・パネル
図1●Windows 7ベータ版のコントロール・パネル
ベータ版では,Vistaのクラシック表示のようにすべての項目を表示するために「すべてのコントロールパネル項目」のアイコンをクリックする。カテゴリ表示に戻すには[[ントロールパネルホーム]のボタンをクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●Windows 7 RC版のコントロール・パネル
図2●Windows 7 RC版のコントロール・パネル
RC版では,[表示方法]のドロップダウン・リストから「大きいアイコン」または「小さいサイコン」を選択して,すべての項目を表示することができる。コントロール・パネルのアイコンも,ベータ版ではVistaと同じだったが,RC版では新しいデザインに変わった。
[画像のクリックで拡大表示]

 つまりベータ版では,いったん「すべてのコントロールパネル項目」に切り替えてから,アイコンの大きさを選択しなければならなかった。これに対して,RC版では,大小どちらのアイコンで「すべてのコントロールパネル項目」を表示するのかを,カテゴリ表示からすぐに選択できるようになった(図3図4)。

図3●Windows 7ベータ版の「すべてのコントロールパネル項目」
図3●Windows 7ベータ版の「すべてのコントロールパネル項目」
ベータ版では,いったん「すべてのコントロールパネル項目」に切り替えてからでなければ,アイコンの大きさを変更することができない。
[画像のクリックで拡大表示]
図4 ●Windows 7 RC版の「すべてのコントロールパネル項目」
図4 ●Windows 7 RC版の「すべてのコントロールパネル項目」
RC版の「すべてのコントロールパネル項目」は,カテゴリ表示の状態から[表示方法]のドロップダウン・リストで「大きいアイコン」あるいは「小さいアイコン」を切り替えて,すぐに表示できる。
[画像のクリックで拡大表示]