PR

上場で知名度と信用を高める

 実は宇宙を越える大きい概念に、「時空」がある。過去も未来も含めて一番という意味だから、時空が一番大きい。ただ、「時空一愛される経営」と言っても、だれにも理解されそうにないので、そう公言することは止めている。宇宙までなら、「ふーん」と聞いてくれる人もいるだろう。

売り上げや株価を気にしながら、今の経営哲学を貫くのは難しそうだ。上場しないほうが良いのでは。

 上場はする。理由は知名度と信用を高め、人材を確保するためだ。当社は新卒採用しかしないが、ベンチャー企業にとって一番のネックは親。この問題を解決するには、パブリックカンパニーになるのが一番早い。

 確かに、上場して株主と社内の意思を統一することは、難しい問題の一つだ。ただ、業績や株価が右肩上がりでなければならないということは、原則ない。批判を受けるだけだ。経営方針が気に入らなければ、当社の株を買ってもらう必要はないだろう。となると、批判は当社の株を買うか否かの判断に迷っている人たちのもの。そういう声は、聞かなければいい。

上場すれば、そうした理論が通じない。

 株を買い占められたりする場面はそうだろう。ただ、当社はその恐れが発生する株式交換によって、何かをしようとは考えない方針だ。当社は永遠に買収しないし、合併もしない。だから、株価が下がることで困ることは何もないだろう。上場は資金調達がすべてではない。資本増強のメリットもあるだろうが、当社は信用を得るために上場する。

 ただ業績面で言えば、今後は新卒採用を急速に増やす計画なので、もっと大きな伸び率を期待できるだろう。証券マン時代の経験に基づいて考えると、新規を取りに行くのではなく、競合の既存顧客をひっくり返す営業の方がいい。当社は人材で勝負する会社なのだから、たとえ後発になってもひっくり返せると考えている。

組織が大きくなると、社長の目が届かなくなる。

 基本的には一人でも多くの人に参加してもらい、大きな組織を目指す。だが、どこまで大丈夫かは分からないので、それはその時に考える。

 一つ言えるのは、当社のメンバーすべてが幸せでなければならないということだ。それが最優先である。だから採用した人でできるところまでしかやらなくていいと考えている。通常の組織は、事業拡大による人の質の劣化を、システムで担保しているが、そのことが、人を見ない経営につながる。それでは、メンバーの幸せを担保できない。