PR

 2009年6月26日,いよいよマイクロソフトが「Windows 7」の製品ラインアップと価格を発表した(関連記事:Windows 7の国内価格が発表,Home Premiumは期間限定で7777円)。国内で販売されるWindows 7のパッケージは,全機能搭載の「Windows 7 Ultimate」,ビジネス向けの「Windows 7 Professional」,そして家庭向けの「Windows 7 Home Premium」の3製品である。注目の価格は最も高いもので「Windows 7 Ultimate」の通常版が4万740円,最も低価格なのは「Windows 7 Home Premium」のアップグレード版で1万6590円ということが明らかになった(いずれも税込み参考価格)。

 筆者が注目したのは,この正規版の参考価格ではなく,同時に始まった「Windows ありがとう」キャンペーンの方だ。これは「7月5日まで,Windows 7 Home Premiumのアップグレード版が7777円,Windows 7 Professionalのアップグレード版が1万4777円」という,まさに“価格破壊”なキャンペーンである。しかも,Webで予約できるという。「これは急がねば…」。そう思いつつも,その日は仕事で手がつけられず,翌日販売店のサイトにアクセスするが時すでに遅しで,そこには「完売」の二文字が。それにしても,まるで人気アーティストのコンサート・チケットのような売れっぷりである。案外一番驚いているのは,当のマイクロソフトなのかもしれない。

 さて前回は,コントロール・パネルのカテゴリから,デスクトップのカスタマイズまで順番に,RC(Release Candidate:製品候補)版とベータ版との違いを見てきた。今回は「ハードウエアとサウンド」を検証することにする。

生体認証デバイスの違い

 まずは,コントロール・パネルの「ハードウエアとサウンド」をベータ版とRC版で比べてみよう(図1)。この画面では「デバイスとプリンター」の項目にある「Bluetoothデバイスの追加」が「マウス」になった点と,2カ所の項目が日本語化されているだけで,特に大きな変更はないように見える。

図1●ベータ版とRC版の「ハードウエアとサウンド」
図1●ベータ版とRC版の「ハードウエアとサウンド」
ベータ版とRC版で,一部の項目以外は特に大きな変化はなかった。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のレビュー・マシンには,東芝のdynabook SS RX1を使用している。この機種は,タッチパッドのボタン中央に指紋を読み取るセンサーがついている。Windows 7はベータ版とRC版のどちらも「生体認証デバイス」としてこのセンサーを認識する。「ハードウエアとサウンド」の画面の一番に下にその項目が表示されている。一見するとベータ版もRC版も同じ認識をしているように見えるが,さらに「デバイスとプリンター」の項目を表示してみると,ベータ版ではドライバの種類が未登録なのか「未指定」として扱われているのに対して,RC版ではちゃんと「デバイス」として認識し,指紋のアイコンも表示するようになった(図2)。

図2●生体認証デバイスの「デバイスとプリンター」の違い
図2●生体認証デバイスの「デバイスとプリンター」の違い
ベータ版の「デバイスとプリンター」では,生体認証のセンサーが「未設定」で認識されているのに対して,RC版では正しく「デバイス」の欄に指紋のアイコンとともに表示されている。
[画像のクリックで拡大表示]