PR

 ラグビー界のカリスマ指導者として知られる清宮克幸氏(現サントリーサンゴリアス監督)の後を継ぎ,早稲田大学ラグビー蹴球部を2年連続大学日本一に導いた中竹竜二監督の著書。組織に成果を出させるやり方として,フォロワー(メンバー)が主体的に考えて行動する「フォロワーシップ」をどう発揮させたらよいかというテーマを様々な角度から論じる。三菱総合研究所でのコンサルタント経験も踏まえた実践的な手法の数々は,一読の価値がある。

 筆者はフォロワーシップ万能論者ではない。リーダーシップとフォロワーシップのバランスの重要性を訴える。優秀でないリーダーの下でフォロワーがどう考えどう行動すべきかという話は特に興味深い。

リーダーシップからフォロワーシップへ

リーダーシップからフォロワーシップへ
中竹 竜二著
阪急コミュニケーションズ発行
1680円(税込)