PR

 日本企業が再び活力を取り戻すためには、自らイノベーティブな技術を開発するのはもちろん、ビジネスのトレンドを引っ張る他の技術にもきちんと対応する必要がある。当然、優れたテクノロジーだけでなく、斬新な経営手法やビジネスモデルなどへも目配りは欠かせない。取材陣が総力を挙げ、未来を司るであろうイノベーティブな技術を厳選。そのうえで、「今実現中の技術」「3年ほど先に実現可能な技術」「5年以上先に実現しそうな技術」に分けて示した。今後のイノベーションの行方を示す“羅針盤”として役立ててほしい。 (日経BP社創立40周年記念企画)

今実現中の技術

3年ほど先に実現可能な技術

5年以上先に実現しそうな技術