PR
複数の対話手段の中から最適なものを選んで連絡を取れるようにする
複数の対話手段の中から最適なものを選んで連絡を取れるようにする
[画像のクリックで拡大表示]

 離れた場所にいる社員同士の情報共有を円滑に進め、仕事の生産性を向上させる技術として、「ユニファイド・コミュニケーション」が企業の関心を集めている。

 ユニファイド・コミュニケーションは、電話や電子メール、ビデオ会議、Web会議、インスタント・メッセージ(IM)など複数のコミュニケーション手段を統合して使えるようにする技術。離席中の人にはメールを送る、電話中の相手にはIMを使うなど、相手の状態によって最適な手段を選べるようにする。電話や電子メールを別々に利用してきた従来のビジネスコミュニケーション環境と比べて、迅速かつ確実に相手と連絡を取れるようになる。

 ユニファイド・コミュニケーションの中核になるのは、連絡を取りたい相手が在席しているか、電話に出られるかどうかといった状態(プレゼンス)を、パソコンなどで事前に確認できるようにするシステムである。

 常に「相手にとって都合が良い連絡手段」を選べるため、従来のビジネスコミュニケーションで発生しやすいムダな時間や手間を減らせる。このため、オフィス環境でユニファイド・コミュニケーションを活用すればするほど、社員一人ひとりの意思決定や行動のスピードが速まる。