PR

McAfee Avert Labs Blog
Koobface Worm Turns Toward Twitter」より
July 13,2009 Posted by Arun Pradeep

 「Koobface」ワームの新たな亜種が米マカフィーのウイルス対策技術研究機関「Avert Labs」に届けられた。従来の亜種と異なり,今回はミニブログ「Twitter」に投稿する偽の「つぶやき」を感染拡大手段としていた(関連記事:「MySpace」「Facebook」経由で感染するワーム,Kasperskyが警告/SNS「Facebook」で広まるマルウエアが急増)。

 こうした偽のつぶやきには,「我が家のビデオ」といった題名のビデオ・ファイルを指すリンクが記載されている。Twitterユーザーがこのリンクをクリックすると,ビデオ・コーデックをインストールするよう求めるメッセージが表示される。この指示に従ってしまうと,実際にはKoobfaceのある亜種がダウンロードされ,パソコンに入り込む。

 当社は今回の亜種を「W32/Koobface.worm.gen.e」と「W32/Koobface.worm.gen.h」として検出する。検出するには,2009年7月13日付けの定義ファイル(DAT)「5675」が必要だ。


Copyrights (C) 2009 McAfee, Inc. All rights reserved.
本記事の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報やリンクの正確性,完全性,妥当性について保証するものではありません。
◆この記事は,マカフィーの許可を得て,米国のセキュリティ・ラボであるMcAfee Avert Labsの研究員が執筆するブログMcAfee Avert Labs Blogの記事を抜粋して日本語化したものです。オリジナルの記事は,「Koobface Worm Turns Toward Twitter」でお読みいただけます。