PR

大詰め迎えたNGNのIPv6接続問題

NGN(次世代ネットワーク)におけるIPv6インターネット接続に向けた準備が大詰めを迎えている。接続方式は,「トンネル方式」と「ネイティブ方式」の二つが並立。インターネット接続事業者(ISP)は,どちらを選択すべきか依然として決めかねているのが実情だ。いったい何が問題なのか。両方式の仕様やコストについて追った。


[関連記事]

NGNのIPv6接続方式が決定,トンネルとネイティブの2案を正式に答申
NGNのIPv6接続方式が固まる,申請通りトンネル方式とネイティブ方式の2案が認可へ
NGNのIPv6接続の約款変更案に対する再意見が公開,NTT東西が徹底反論
総務省がNGNのIPv6接続の約款変更案に寄せられた意見を公開