PR

問題

問21 絶対パス名\a\a\b\cをもつディレクトリがカレントディレクトリであるとき,相対パス名.\..\..\a\b\fileをもつファイルを,絶対パス名で表現したものはどれか。ここで,ディレクトリ及びファイルの指定方法は,次の規則に従うものとする。

〔ディレクトリ及びファイルの指定方法〕
(1) ファイルは,“ディレクトリ名\…\ディレクトリ名\ファイル名”のように,経路上のディレクトリを順に“\”で区切って並べた後に“\”とファイル名を指定する。
(2) カレントディレクトリは“.”で表す。
(3) 1階層上のディレクトリは“..”で表す。
(4) 始まりが“\”のときは,左端にルートディレクトリが省略されているものとする。
(5) 始まりが“\”,“.”,“..”のいずれでもないときは,左端にカレントディレクトリ配下であることを示す“.\”が省略されているものとする。

ア \a\b\file
イ \a\a\b\file
ウ \a\a\a\b\file
エ \a\a\b\a\b\file

テクノロジ系>コンピュータシステム>ソフトウェア>ファイルシステム

解説と解答

 LinuxやWindows などで採用されているディレクトリ階層に関する問題です。Windowsでは,フォルダと呼んでいますが,ディレクトリと同義と考えて構いません。 

 問題のディレクトリ階層は,次の図の通りになります。

 また,相対パス".\..\..\a\b\file"は,次の図のようになります。

 よって,ルートからfileまでの経路は,次の図のようになります。

 以上より,正解は選択肢ウです。

佐塚 彰夫(さづか あきお)
アイティ・アシスト 代表取締役
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストの代表。新人研修やプロジェクトマネージャ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「短期完全マスター 基本情報技術者 2009年版」などがある。