PR

問題

問48 あるシステムの設計工程における設計書作成の予定所要工数,及び現在の各設計書の進捗率は表のとおりである。予定どおりの所要工数で完了まで進むものとして,すべての設計書の完了を100%としたとき,現在の全体の進捗率(%)は幾らか。

ア 40
イ 47
ウ 53
エ 60

マネジメント系>プロジェクトマネジメント>プロジェクトマネジメント>プロジェクトマネジメント

解説と解答

 すべての設計書の作成にかかる予定所要工数は,外部設計書,内部設計書,プログラム設計書のそれぞれの予定所要工数を合計すればよく,

全設計書作成の予定所要工数=500+700+900=2100[時間]

になります。一方,現時点で完了している工数の合計は,設計書ごとの完了工数を「予定所要工数×現在の進捗率」によって算出し,それらを足し合わせて求めます。

外部設計書の完了工数=500×100%=500[時間]
内部設計書の完了工数=700×50%=350[時間]
プログラム設計書の完了工数=900×30%=270[時間]
現時点での完了工数の合計=500+350+270=1120[時間]

 現在の全体の進捗率は,「現時点での完了工数の合計÷全設計書作成の予定所要工数」で求められるので,

現在の全体の進捗率=1120÷2100=0.53…≒53%

になります。

 以上より正解は,選択肢ウです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「短期完全マスター ITパスポート 2009年版」などがある。