PR

問題

問22 図はプログラムを翻訳して実行するまでの流れを示したものである。コンパイラ,リンカ,ローダの入出力の組合せとして,適切なものはどれか。

テクノロジ系>コンピュータシステム>ソフトウェア>オペレーティングシステム

解説と解答

 人間が考えた原始ブログラム(ソースコード)を,コンピュータで実行可能なプログラム(ロードモジュール)に変換する手順を問う問題です。

 コンパイラは,“原始プログラム”をコンピュータが理解できる機械語に変換するソフトウェアです。変換されたプログラムは,“目的プログラム”と呼ばれます。しかし,目的プログラムには実行に必要なすべての機能が含まれていません。

 複数のプログラムから共通して利用される各種機能は,“ライブラリモジュール”として別に提供されています。そこで,リンカによって“目的プログラム”と“ライブラリモジュール”を結合し,“ロードモジュール”を作成します。

 よって正解は,選択肢アです。

佐塚 彰夫(さづか あきお)
アイティ・アシスト 代表取締役
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストの代表。新人研修やプロジェクトマネージャ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「短期完全マスター 基本情報技術者 2009年版」などがある。