PR

 EUや北米などの先進事例を基に、2015年の決済サービスの展望をまとめたのが本書だ。

 キーワードは「オープン」と「国際標準」。先進事例の一つが、フランステレコムが採用した「OpenID」だ。インターネット上で利用者が持つ多数のIDのなかから一つを選択し、他のサービスにも利用できる仕組みのOpenIDは、同社のネットワークに閉じるのではなく、インターネット全体に決済網を構築できる点がポイントと説く。IT担当者はもちろん、経営企画や政策立案など幅広い職種にお薦めしたい。

2015年の決済サービス

2015年の決済サービス
野村総合研究所 決済制度プロジェクトチーム著
東洋経済新報社発行
1890円(税込)