PR

問題

問59 DNSの説明として,適切なものはどれか。

ア インターネット上で様々な情報検索を行うためのシステムである。
イ インターネットに接続された機器のホスト名とIPアドレスを対応させるシステムである。
ウ オンラインショッピングを安全に行うための個人認証システムである。
エ メール配信のために個人のメールアドレスを管理するシステムである。

テクノロジ系>技術要素>ネットワーク>ネットワーク応用

解説と解答

 DNS(Domain Name System)は,インターネットに接続された機器のホスト名やドメイン名とIPアドレスを対応させるシステムです。例えば,Webブラウザから「www.nikkeibp.co.jp」というWebサーバーのホスト名を入力したときに,DNSを利用すると,それに対応するIPアドレスを得ることができます。WWWや電子メールを利用するときに,2進数のIPアドレスではなく,人間が理解しやすいホスト名やドメイン名を使うことができるのは,このDNSの仕組みがあるからです。

 選択肢アにある「インターネット上で様々な情報検索を行うためのシステム」のことをWWW(World Wide Web)と言います。

 選択肢ウにある「オンラインショッピングを安全に行うための個人認証システム」を構築するときに利用されるプロトコルとして,SSL(Secure Sockets Layer)があります。

 選択肢エにある「メール配信のために個人のメールアドレスを管理するシステム」の代表的なものに,メールソフトや携帯電話に備わっているアドレス帳があります。

 以上より正解は,選択肢イです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「短期完全マスター ITパスポート 2009年版」などがある。