PR

問題

問56 システムの信頼性を比較する目的で稼働率を測定するのに適切な時期はどれか。

ア システムの運用を開始した直後に発生したトラブルが解決されて安定してきた時期
イ システムの運用を開始した時
ウ システムリリースの可否を判断する時期
エ 長期間のシステム利用を経て,老朽化によるトラブルが増え始めた時期

マネジメント系>サービスマネジメント>サービスマネジメント>サービスマネジメント構築

解説と解答

 システムの稼働率の変化は,故障率曲線によって表されます。運用初期はトラブルが発生しやすい(初期故障期)ですが,その後安定した稼働期間(偶発故障期)が続きます。そして,物理的な機械の摩耗や,機能の修正や追加,削除が相次ぐと不安定になってきます(摩耗故障期)。稼働率の測定は,安定した期間である偶発故障期に行うべきです。
 以上を踏まえ,それぞれの選択肢を検討してみましょう。

 選択肢アは,偶発故障期の説明です。稼働率は偶発故障期に測定するのが適切です。よって選択肢アが正解です。

 選択肢イは,初期故障期の説明です。よって選択肢イは誤りです。

 リリース前に稼働率を測定することはできません。よって選択肢ウは誤りです。

 選択肢エは,摩耗故障期の説明です。よって選択肢エは誤りです。

 以上より正解は,選択肢アです。

佐塚 彰夫(さづか あきお)
アイティ・アシスト 代表取締役
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストの代表。新人研修やプロジェクトマネージャ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「短期完全マスター 基本情報技術者 2009年版」などがある。