PR

 米Microsoftは米国時間2009年8月24日,次期OS「Windows 7」の家庭向けパッケージ製品「Windows 7 Family Pack」を欧州の一部の国でも発売すると発表した。Windows 7 Home Premiumのアップグレード版をパソコン3台分セットにし,低価格で販売する。

 同社はもともと,欧州ではInternet Explorer非搭載の「Windows 7 E」を投入する計画だった。だが,先日これを取りやめたことで,Family Packの発売が実現した。「E」エディションは当初,アップグレード版ではない完全版のみで発売する予定だった。

 欧州でWindows 7 Family Packを発売するのは,英国,アイルランド,ドイツ,フランス,スイス,オーストリア,オランダ,スウェーデン。Windows 7の一般向け発売日の2009年10月22日から販売する。同社は既に,米国とカナダでもFamily Packを発売すると発表している(関連記事:Windows 7の家庭用パックやアップグレード・パックの価格が発表に)。

 同社はまた,欧州で既に実施していたWindows 7 Eの先行割引予約についても,対応策を発表した。先行予約の内容は,完全版のWindows 7 Eをアップグレード版の価格で購入できるというものだった。この先行予約を注文したユーザーには「E」ではない通常のWindows 7の完全版を送付する。

 つまり欧州では,Windows 7を8月31日までに先行予約したユーザーは,アップグレード版の価格で完全版を入手できる。9月1日以降は,通常どおり完全版とアップグレード版に分かれる。

関連記事(英文):

・「Microsoft Holds the Line on Windows 7 Pricing, Launches Limited-Time Promotion」(「Windows 7の価格は同水準を維持,期間限定のキャンペーンを実施」)
・「Windows 7 E Editions Preview」(「Windows 7 Eのプレビュー」)
・「Windows 7 Pricing」(「Windows 7の価格」)
・「Windows 7 FAQ」(「Windows 7のFAQ」)