PR

■「Gizmo Drive」はイメージ・ファイルを取り扱うフリーソフトである。ISO形式などの一般的なイメージ・ファイルだけでなく,Microsoft Virtual PCを作成した際に作られる「VHD」形式のファイルも扱うことができるのが特徴である。
■CD/DVDメディアからのイメージ・ファイルの作成や,CD/DVDメディアへのイメージ・ファイルの書き込み,イメージ・ファイルのマウントなどが可能。イメージ・ファイルを仮想ドライブとして簡単にマウントできる点がメリットだ。

■ソフト名 Gizmo Drive(バージョン2.7.3)
2000 XP 2003 vista 2008 7
英語
■開発 Arainia Solutions LLC社
■URL http://arainia.com/
■ファイル gizmo-273-setup.exe(8,076,384バイト)
■対応OS Windows 2000/XP/2003/Vista/2008/Windows 7(Windows 2000を除き,いずれも32/64ビット版に対応)
■価格 無料(ほかに$15.00の"Donate"版もある)
■評価
(5段階)
★★★★☆

 最近は,システムやデータをイメージ・ファイル形式でバックアップ・保存するツールが増えてきた。また,CDやDVDに保存されているデータなどをイメージとして取り扱ったり,仮想CD/DVDとしてコンピュータ上で利用するなどのように,各種のデータをイメージ・ファイルとして扱うケースも多い。ハードディスクの大容量化と低価格化が著しく進んできていることもあって,このようなイメージ・ファイルの取り扱いも容易になってきている。

VHD形式のイメージ・ファイルを扱える

 一口にイメージ・ファイルといっても,利用されているファイルの形式は非常に数多い。もっともよく知られているのがISO形式だが,そのほかにも各種ツールやライティングソフト独自のイメージ・ファイル形式がある。また最近では,Virtual PCやWindows Server 2008の主要な機能であるHyper-Vでも使用されている仮想ハードディスク・イメージとしての「VHD」形式のイメージ・ファイルもよく目にするようになってきた。

 これらのイメージ・ファイルを扱うためのフリーソフトやシェアウエアも数多く公開されている。こうしたツールに必要な機能は,メディアからイメージ・ファイルを作成する,イメージ・ファイルからメディアを作成する,作成したイメージ・ファイルを仮想ドライブにマウントする,といったところである。これらの機能を統合した使いやすいツールはあまり多くはない。その中で今回紹介する「Gizmo Drive」は,イメージ・ファイルを扱う統合ツールとしては扱いやすく,また「VHD」形式のイメージ・ファイルも管理することができる点でユニークなツールである。