PR

問題

問67 営業伝票を入力する画面の設計に際し,リストボックスを使った選択画面において,作業効率を高めるために,画面が表示された時点で,ある値がすでに選択された状態になるように設定することにした。
 取引先の所在地(関東地方の七つの都道府県の名称)を選択するリストボックスの場合,選択された状態で設定される都道府県として,適切なものはどれか。ここで,入力作業に関する事項は,次のとおりである。

〔入力作業に関する事項〕
(1) 営業担当者ごとの取引先の所在地は,一つ又は隣接する二つの都道府県にある。
(2) 営業担当者は,伝票を取引先ごとに分類して,入力作業担当者に渡す。
(3) 入力作業は,営業担当者ごとの伝票をまとめて行う。
(4) まとめて入力する伝票の数は,都道府県ごとに複数枚ある。
(5) 1画面の入力操作で,1枚の伝票が入力できる。

ア 営業成績の良い担当者の取引先がある都道府県
イ 会社数が最も多い東京都
ウ 五十音順で先頭となる茨城県
エ 前画面で入力した都道府県

テクノロジ系>技術要素>ヒューマンインタフェース>ヒューマンインタフェース技術

解説と解答

 リストボックスは,複数の選択項目を一覧で表示し,その中から任意の項目を選択するGUI部品です。作業効率を高めるためには,入力する伝票の都道府県とリストボックスで選択された状態になっている都道府県が,できるだけ一致している必要があります。

 ここで,入力する伝票がどのような順に並んでいるかを考えてみましょう。〔入力作業に関する事項〕によると,次のことが分かります。

●入力する伝票は営業担当者ごとにまとめられている
●同じ営業担当者の伝票は取引先ごとに分類されており,伝票の数は都道府県ごとに複数枚ある

 以上より,伝票は営業担当者ごと取引先ごとにまとめられているので,同じ都道府県の伝票が連続している可能性が高いことが分かります。したがって,リストボックスで選択された状態で設定される都道府県として適切なのは「前画面で入力した都道府県」です。

 以上より正解は,選択肢エです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「短期完全マスター ITパスポート 2009年版」などがある。