PR

問題

問64 定性的な評価項目を定量化する方法としてスコアリングモデルがある。4段階評価のスコアリングモデルを用いると,表に示した項目から評価されるシステム全体の目標達成度は何%となるか。

ア 27
イ 36
ウ 43
エ 52

ストラテジ系>システム戦略>システム戦略>システム活用促進・評価

解説と解答

 評価点に重みを乗算して解答を導きます。実際の評価を,すべての項目で予定通りに効果があった場合の評価値で割ることで,目標達成度を求められます。

 すべてが予定通りに効果があった場合の評価
 (5×3)+(8×3)+(12×3)=75・・・(1)

 実際の評価
 (5×3)+(8×0)+(12×1)=27・・・(2)

 達成度は(2)を(1)で割って求めます。計算式は,以下になります。
27÷75=0.36=36% 

 以上より正解は,選択肢イです。

佐塚 彰夫(さづか あきお)
アイティ・アシスト 代表取締役
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストの代表。新人研修やプロジェクトマネージャ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「短期完全マスター 基本情報技術者 2009年版」などがある。