PR
中西 英介 氏
シーエーシー AMOユニット AMOセンター
運用第三グループ システム運用マネジャー
中西 英介 氏

 システム運用エンジニアは,稼働中のシステムについての運用管理を担当する職種である。初期開発が終了して実稼働を始めているシステムについて,日常的な面倒をほぼ全面的に見ることになる。

 シーエーシーの中西 英介氏がシステム運用エンジニアを志したのは,1999年の入社後間もない新入社員研修の時である。いろいろな職種の説明を受けた際に「(最初しか見ない)開発よりも,その後の運用の方がシステム全体を見渡せるなど,魅力的に思えました」(中西氏)。

 中西氏がプロジェクトマネジャーとして所属するシステム運用チームでは,ある顧客企業の会計システムを運用している。入社してからの10年間,中西氏はこのシステムの運用エンジニアを務めている。

 システム運用チームの具体的な仕事は,システムの変更管理/構成管理と,トラブル時などの問題解決,ITインフラ(OSやハードウエアなどのアプリケーションソフトを動かすための基盤)の改善提案などとなる。

 中でも,システム運用エンジニアが最も活躍するのは,トラブルが発生したときだ。「システム運用エンジニアは,トラブルが起こると目が輝く生き物。リーダーシップをとって,発生したトラブルを解決するのが,最もやりたがる仕事です」(中西氏)という。

 とはいえ,トラブルの発生は運用担当者とユーザーのどちらにとっても歓迎すべきことではない。そこで,トラブルを未然に防ぐための仕組みを,事前に作っておくことも大切である。「年間を通じて,この時期にはこういう措置を施すべき,というノウハウやアイディアがあります。これを,トラブルが起こる確率などを考慮して採用していきます」(中西氏)。

 顧客企業の情報システム部門の担当者と直接声を交わす立場のため,ダイレクトに怒られることもしばしばである。だが,この顧客との距離の近さが,逆にやりがいにもつながる。例えば,トラブルの影響を最小限にとどめた時などには,感謝の気持ちを直接実感できる。

 このほか,顧客との日常会話からニーズを引き出し,ITインフラの改善なども提案するという。「グリーンITや経費節減などのプロジェクトを提案しています」(中西氏)。

現場の全体像を把握できる
これが次のキャリアにつながる

 中西氏も以前は「運用というと,システム監視のイメージを持っていました」という。だが,実際にはトラブル発生時の対処や,トラブル防止策が大事な業務だということを知った。仕事が日常的なシステム監視だけにはとどまらないことに,「よい意味でのイメージのギャップを感じています」と言う。

 運用担当者の利点は,システムの全体像を把握できること。これを生かして,「管理職になるだけでなく,業務コンサルタントというキャリアパスも開けています」(中西氏)。

 システム運用エンジニアに必要なスキルは特にないと中西氏はいう。「どんな仕事でもがむしゃらにやれば,必要なスキルは自然と身に付き,ブラッシュアップすべきスキルが見えてきます」(中西氏)。

お仕事解説:システム運用エンジニア

システムの日常管理とトラブル対策を担当

 システム運用エンジニアの仕事は,情報システムの運用管理オペレーションや監視のほか,ソフトウエアの変更管理,ハードウエア/ソフトウエアの構成管理,IT機器の保守やメンテナンス,データベースの運用,運用時のトラブル解決,ITインフラの提案と整備,などである。プログラム開発以外の仕事全般を手がける。運用上の経験を開発へとフィードバックするため,運用エンジニアが開発の初期段階から参画する重要性が増している。

必要なスキル

  • コミュニケーションスキル
    ユーザーと接する機会を多く持つなど,ユーザーの要望を引き出すために必要。
  • 局所的な視野ではなく大局的にものをとらえる力
    システム運用の全体最適化を図ったりユーザーの業務効率化を提言したりするために重要。
  • 悩みを引きずらない思い切り
    日常業務の中でスキルを自然に身に付けて成長していくために必要となる。