PR

 都市部で働いている人、海外に出稼ぎに出た人が、収入の一部を家族などに仕送りする際に「携帯送金」が使われている。銀行口座を持たなくても、数千円、数万円程度のお金であれば簡単に、しかも安い手数料で送金できることから、アジアやアフリカで利用者が急増している。

 「開発途上国の貧困改善に最も貢献しているのは、携帯電話を使った少額送金サービスだ」。野村総合研究所(NRI)コンサルティング事業本部でソーシャルイノベーションの研究・調査を進める松尾未亜副主任はこう言い切る。

 ケニアで携帯電話事業者サファリコムが提供する「M-PESA」もその一つだ。2007年2月にサービス開始後、2年あまりで680万人もの会員を獲得した(写真1)。

写真1●ケニアでは銀行口座を持たなくても携帯電話だけで送金できるサービス「M-PESA」を680万人が使っている
[画像のクリックで拡大表示]

携帯電話が銀行口座代わりに

 その仕組みは至って簡単。カギとなるのはSMS(ショート・メッセージ・サービス)だ。電話番号をあて先アドレスとして、限られた容量のテキストメールを送受信するサービスである。

 M-PESAの利用者はまず、サファリコムの営業所や代理店で送金したい金額と手数料を支払う(図1)。そしてサファリコムの携帯電話の画面からM- PESAのメニューを選び、送金相手の電話番号をあて先にして送金の額を入力し、ショート・メッセージを送信する。メッセージを受け取った送金相手は、最寄りのサファリコムの営業所や代理店でその画面を提示すれば、現金を受け取れる仕組みだ。

図1●お互い携帯電話だけあれば送金できる
[画像のクリックで拡大表示]

 こういったSMS決済サービスを提供するのは、銀行などの金融機関ではなく携帯電話事業者である。フィリピンではグローブ・テレコムが2004年10月にいち早く「G-CASH」を開始。アフガニスタンやマレーシアでもSMS決済サービスが始まっている。

 開発途上国の貧困層の多くは収入が少なく、金融機関に口座を開設できないケースが多い。口座を持てたとしても、銀行まで行くのに何時間もかかることは珍しくない。都市で働く人が、農村にいる家族に送金する場合は郵送するか、直接渡すしかなかった。

 その状況を変えつつあるのがSMS決済サービスだ。口座はなくとも、送金元と送金先双方が携帯電話を持っていれば安全にお金のやり取りができる。手数料もそれほど高くはない。M-PESAの場合、100ケニアシリング(日本円で130円程度)から3万5000ケニアシリングまで送金が可能で、手数料は送金額によって異なるが、30~400ケニアシリングである。