PR

2010年は一層の速度向上に向けた“踊り場”に

写真6●日経コミュニケーションの松本敏明編集長
[画像のクリックで拡大表示]

 法人向けモバイル・ソリューションの要素トレンドを比較したうえで,モデレータの松本編集長(写真6)はさらにテーマに制約を課すことで各社が“踊り場”を迎えている状況を浮き彫りにしようと試みた。最後のコーナーで松本編集長は「2010年の一押しはこれだ」という1枚のスライドを提示し,2010年に具体的な形で来場者に提示できる法人向けソリューションの紹介を促した。

 ソフトバンクモバイルの安川氏は,「イチ押しで一つとなると『これしかないのか』と言われてしまうと困るが,やっぱりiPhoneの話をしたい」と発言。ユーザーとして「音楽を聞き写真を撮り,名刺管理やプレゼンテーションもこれ1台でこなしている」と実体験を披露しながら,“クラウド・デバイス”としてのiPhoneの魅力を語った。

 もっとも「iPhoneは端末で,ソフトバンクモバイルのもう一つのテーマはクラウド・コンピューティング。法人向けのアプリケーションが充実してきたことで,PCにリモートデスクトップでつなぐこともできれば,PCを持ち歩かずにテレビ会議やグループウエア,BIツール,Eラーニングといった業務をこなせる端末」とWeb上にある様々なアプリケーションが競争力の源泉だとした安川氏。その効果は絶大で「実際に2000人の営業部隊がiPhoneを採用したところ,残業が平均32分減った。これは20億の人件費削減に当たる」という。安川氏は「クラウド・コンピューティングの端末として鍵になる。2010年はiPhoneで携帯業界だけでなくICTそのものを変えたい」とまとめた。

KDDIが携帯とPC連携の資産管理を実演

写真7●KDDI ソリューション事業本部ソリューション推進本部副本部長の有泉健氏
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIの有泉氏(写真7)は,「2010年に現場のお手軽ソリューションとしてアピールしていく」という「ケータイワークリンク」を推薦。ケータイワークリンクでは,BREWアプリとWindowsアプリを連携させるミドルウエアを組み込むことで,ケータイのGPS情報をパソコンで利用する,バーコード・リーダーとして使う,などの携帯・パソコン間連携が簡単に実現できるという。さらに有泉氏は自社の携帯電話機を社員に貸し出す際の資産管理システムをデモ。実際にカメラ付き携帯電話で社員証のバーコードなどを読み取り,貸出し名簿に登録。督促時にワンクリックで対象者に発信する手順を実演した。

 NTTドコモの中西氏が挙げたのは,「情報家電との融合」。具体的な製品としては,携帯電話などから制御する「ケータイホームシステム」を2010年の一押しとして紹介した。ホームネットワークの司令塔として外出先から自宅の情報家電を制御するシステムで,施錠確認やインターホンのカメラ映像,火災発生時の警告,ペットの見守り映像などをケータイで受け取れるという。一見するとコンシューマ寄りのソリューションだが,「B2B2Cの製品として,新製品や新サービスの開発に生かしてほしい」と法人ソリューションとしての位置付けを語った。

写真8●ウィルコム ソリューション営業本部副本部長の大川宏氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィルコムの大川氏(写真8)は「安心・安全」をテーマとしてPHSの強みを再度アピール。「人に優しい,環境に優しい,災害から人を守る」の三つを細目として挙げ,高齢化社会,二酸化炭素排出量削減,パンデミック対策など社会問題の解決を支えられうるとする根拠を「16万基地局による耐災害性がウィルコムにはある。また医療・介護の分野では契約数が純増している。さらに電力効率が高いためCO2の排出量も抑えられるうえ,色々な機器に組み込める」と説明した。特にM2Mの分野では,「情報の収集・蓄積・マイニング。マイニングされた情報を新製品の開発やビジネスプランの創設を提案したい。『ウィルコムと組むと儲かる』という企業になっていきたい」と力を込めて来場者に語りかけた。

 最後のイー・モバイルの阿部氏は「モバイル・ブロードバンドが企業を変える」という見解を再度強調。「速度だけでなく,セキュリティ強度も上がる。クラウドになれば端末にデータは残らないからだ。企業に必要なのは,高速なインフラ。そのニーズを支える事業者の一つになりたい」とし,「2010年秋に,現行の21Mビット/秒を倍にした40Mビット/秒超のDC-HSDPAのサービスを提供する」と宣言した。

 パネル討論の全体を通して,5社それぞれの視点から,2010年を踊り場として2011年にLTEやDC-HSDPAで40Mビット/秒超の下り速度,XGPで双方向20Mビット/秒の環境が普及する全体像を来場者に提示した。モバイル・ブロードバンドを巡る競争第2幕の幕開けをにらみつつ,企業のネットワーク担当者は2010年を乗り切ることになりそうだ。