PR

 古河電気工業が2003年から5年間取り組んだ人事BPRプロジェクトについて、協力会社の選定から本番稼働までを書き表した一冊。タイトル通り、メンバーを活性化させるための活動である「ファシリテーション」に重きを置く。課長クラスがコンサルタントと一丸となって、2300回の会議を重ね、現場の自主性を掘り起こしつつプロジェクトを進めていく様子がよくわかる。古河電工の関氏と協力会社のコンサルタントである白川氏が相互に執筆。考えと悩み、進め方の違いが際だって参考になる。

プロジェクトファシリテーション

プロジェクトファシリテーション
関 尚弘/白川 克著
日本経済新聞出版社発行
1890円(税込)