PR

 ビジネスで利用する靴は「機能性」を重視して選びます。

 機能性を重視するとは言っても,選択肢3の「ヒール無し」や選択肢4の「ローファー」では,カジュアルとみなされNGです。

 ビジネスの場に適しているのは,ヒールのある靴です。しかし,ヒールがあればよいというわけではありません。選択肢2の「ピンヒール」ではかかとが安定しないため,長時間の移動や作業に適さず,機能性の条件を満たしません。

 同じように選択肢1の「バックストラップ」は,ストラップの部分が切れやすいのでNGです。移動途中で他人に足を踏まれてストラップが切れてしまう可能性があります。

 ヒールの高さは3~5cm程度がよいでしょう。動きやすく作業しやすいので,ビジネスに適しています。色は黒,茶,ベージュ,紺など無難な色を選ぶと,スーツに合わせやすく便利です。

 高価な靴を一足だけ履きつぶすよりも,2~3足程度用意し,毎日履き替えることをお勧めします。脱いだ靴はその日のうちに簡単にブラッシングし,木型を入れておくことで長持ちします。


岩淺 こまき(いわあさ こまき)
グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント
1997年,システム販売会社に就職し,営業・技術支援および導入企業向けの研修を担当。その後,人材紹介会社での中途入社社員向けビジネスマナー/IT研修,メーカーでの販売促進セミナーの企画・運営業務を経て,2007年より現職。ビジネスマナー,プレゼンテーション,コミュニケーションなどヒューマン・スキル研修の実施に当たっている。