PR

問題

問1 デファクトスタンダードの意味として,最も適切なものはどれか。

ア 工業製品に関して,日本工業規格として定めたもの
イ 工業や科学技術に関して,国際標準化機構が定めた規格
ウ 特定の企業やグループなどが採用した仕様が広く利用されるようになり,事実上の業界標準になったもの
エ 特定の国や地域,企業などに限られた基準ではなく,世界中どこでも適用される規格

ストラテジ系>企業と法務>法務>標準化関連

解説と解答

 デファクトスタンダード(de facto standard)とは,企業間の競争や消費者の選択行動などの淘汰を経て,広く一般に利用されるようになった製品や仕様,技術などのことです。いわゆる「事実上の業界標準」のことであり,公的な標準化団体によって規格化されたものは含まれません。

 なお,デファクトスタンダードの対義語としてデジュール(デジュリ)スタンダード(de jure standard)があります。これは,公的な標準化団体によって制定された標準規格のことです。

 以上より正解は,選択肢ウです。

 それ以外の選択肢について見てみましょう。

 選択肢アは,工業標準化法に基づいて制定されるJIS(Japanese Industrial Standards,日本工業規格)の説明です。日本国内の工業製品全般に関する規格を定めたものであり,日本工業標準調査会(JISC:Japanese Industrial Standards Committee)が調査・審議し,主務大臣によって公布されます。電気機器・電気機械,情報処理,マネジメントシステムなど,多くのものがJIS規格によって規定されています。

 選択肢イは,国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)によって制定されるISO規格の説明です。工業や科学技術に関する国際規格であり,文字コード体系,OSI(Open Systems Interconnection,開放型システム間相互接続),ISO 9000シリーズ(品質マネジメントシステム),ISO 14000シリーズ(環境マネジメントシステム)など,さまざまな規格が制定されています。

 選択肢エは,国際規格(IS:International Standard)の説明です。国際規格の代表的なものとして,工業分野全般に関連するISO規格,電子機器関連のIEEE規格などがあります。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。