PR

問題

問3 CSRに基づいた活動として,最も適切なものはどれか。

ア 原材料の使用量を減らすとともに,消費電力を少なくした製品を提供する。
イ 自社製品に新しい機能を付加し,他社製品と差別化した製品を提供する。
ウ セル生産方式を導入し,市場の多様なニーズに合わせた製品を提供する。
エ 他企業の買収によって,自社がもっていなかった製品を提供する。

ストラテジ系>企業と法務>企業活動>経営・組織論

解説と解答

 CSR(Corporate Social Responsibility,企業の社会的責任)とは,「企業が事業活動を営む際には,社会に与える影響に責任を持ち,社会の一員として,社会をより良くするために応分の貢献をしなければならない」という考え方です。最近では,CSRの社会的責任を次の四つの責任分野に分類し,CSRの枠組みを捉えることが多くなってきています。

CSRにおける四つの責任分野
・経済的責任(法人税の納入など)
・法的責任(コンプライアンスの徹底など)
・倫理的責任(環境会計の導入など)
・社会貢献責任(文化・芸術支援活動など)

 それぞれの選択肢を確認しましょう。

 選択肢アにあるように「原材料の使用量を減らすとともに,消費電力を少なくした製品を提供する」ことは環境保全に貢献しており,CSRの倫理的責任に基づいた活動に該当します。

 選択肢イにあるように「他社製品と差別化した製品を提供する」ことは,差別化戦略に基づいた活動と言えます。

 選択肢ウで記述されているセル生産方式は,多品種でフレキシブルな生産が可能な生産方式です。「セル生産を導入し,市場の多様なニーズに合わせた製品を提供する」ことは,多品種少量生産に基づいた活動と言えます。

 選択肢エにあるように,自社に不足している製品や機能を,他企業を買収することによって外部から取り込むことをM&A(Mergers and Acquisitions)と言います。したがって,M&Aに基づいた活動と言えます。

 以上より正解は,選択肢アです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。