PR

問題

問7 一定期間ごとに最適量を発注する方式を定期発注方式という。この定期発注方式で購買品を調達するに当たり,発注サイクルを10日,納入リードタイムを5日,1日の平均消費量を50個,安全在庫量を30個とした場合,今回の発注量は幾らか。ここで,発注は,発注日の消費終了後に行うものとし,今回の発注時点での在庫量は300個で,発注残はないものとする。

ア 420
イ 450
ウ 480
エ 530

ストラテジ系>企業と法務>企業活動>OR・IE

解説と解答

 定期発注方式は,比較的単価が高く,重点管理が必要な物品に採用される在庫管理方式です。定期発注方式では,発注時期をあらかじめ決めておき,発注時に需要予測を行って必要な量だけを発注します。発注サイクルが一定であり,発注量が不定になる発注方式であり,予測した需要量と実際の需要量との誤差による欠品を防ぐために,安全在庫と呼ばれる余裕在庫を持ちます。

 定期発注方式による在庫量の推移を示したものが,以下の図です。

 以上を踏まえたうえで,問題を解いてみましょう。

 定期発注方式において需要予測が必要な期間は,今回の発注時点から次回の発注によって購買品が納入されるまでの間(発注サイクル+納入リードタイム)です。発注サイクルを10日,納入リードタイムを5日とするので,需要予測が必要な期間は10+5=15日です。1日の平均消費量を50個とするので,この期間における所要量は50×15=750個です。さらに,安全在庫量を30個とするので,今回の発注時点における所要量は750+30=780個です。

 ただし,今回の発注時点では在庫量が300個存在し,発注残(既に発注しているが,まだ納入されていない在庫のこと)はありません。実際に発注すべき量は所要量から在庫量と発注残を差し引いて求めるので,今回の発注量は780-300-0=480個になります。

 以上より正解は,選択肢ウです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。