PR

問題

問18 企業会計を財務会計と管理会計に分類したとき,管理会計の特徴を表したものはどれか。

ア 一会計期間ごとに決算を行い,貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の作成が強制される。
イ 企業の経営者が,株主や債権者などの企業外部の利害関係者に対して会計報告を行う。
ウ 財務諸表規則や企業会計原則,各種会計基準などの会計法規に準拠した会計処理を行う必要がある。
エ 部門,製品,地域別などの予算統制,利益管理,業績評価など,経営判断のための内部報告書を作成する。

ストラテジ系>企業と法務>企業活動>会計・財務

解説と解答

 企業会計は,商品やサービスの対価として得られた利益を正しく計算したり,目標利益を計画したりする一連の会計処理に関する企業活動です。企業会計は,何のために会計処理を行うかという目的の違いによって,財務会計と管理会計の二つに分類できます。財務会計は貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を正しく作成するための会計であり,管理会計は企業内部において経営者や経営管理者の戦略立案や意思決定,利益管理,業績評価などを支援するための会計です。

 管理会計では,経営判断に必要な会計資料を作成するため,部門別,製品別,プロジェクト別,地域別などの集計単位で損益計算や予算統制を行ったり,その企業独自の基準や様式で報告書を作成したりします。目標利益に対する売上・費用の関係を分析するための損益分岐点分析も,管理会計で利用される代表的な手法の一つです。

 したがって正解は,選択肢エです。

 そのほかの選択肢に関する説明は,次の通りです。

 選択肢アの記述にある貸借対照表や損益計算書は代表的な財務諸表です。これらの財務諸表の作成が強制されるのは財務会計の特徴です。

 選択肢イにあるように,企業の経営者が企業外部の利害関係者に対して会計報告を行うことを目的とするのは,財務会計の特徴です。なお,管理会計の目的は,企業の経営者の経営判断や意思決定を支援するための会計資料を作成することです。

 選択肢ウにあるように,会計法規に準拠した会計処理を行うことが要求されるのは財務会計の特徴です。管理会計で作成される会計資料については,企業外部の利害関係者に公表する必要はなく,税務会計(税額を算出するための会計)で利用されることもないため,その企業独自の会計基準や様式を自由に選択することができます。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。