PR

問題

問2 倉庫内の保管棚を用いた書類管理に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

  A社では、書類の保管管理(以下、書類管理という)を関係データベースを用いて行っている。書類管理の概要と書類管理データベースの概要は、次のとおりである。

〔書類管理の概要〕
(1) 書類は、倉庫に配置された保管棚の中の箱に入れて保管される。書類には、全社を通じて一意となる書類番号が付与されている。
(2) 倉庫は1 棟だけであり、3 階建てで、各階は四つの区画に分けられている。各区画には複数の保管棚が配置されている。
(3) 保管棚には、倉庫内でその保管棚を一意に識別できるように、棚番号が付与されている。保管棚は、倉庫内のどの区画に配置してもよい。また、一つの保管棚には、複数の箱がある。
(4) 箱には、一つの保管棚の中で一意に識別できるように保管棚の段と列を組み合わせた箱番号が付与されている。例えば、3 段目 4 列の箱番号は 3-4 となる。一つの箱には、複数の書類を保管できる。
(5) 書類管理の担当者は、社内の部署から預かった書類を、保管棚のいずれかの箱に入れて保管する。保管の際、全社を通じて一意となる預託番号を付与する。
(6) 預かった書類は返却依頼を受けて返却する。
(7) 倉庫、保管棚及び箱の構成を図1に示す。

[書類管理データベースの概要〕
(1) 階数表は、倉庫の階番号と階名称を管理する。
(2) 区画表は、倉庫の各階における区画名称を管理する。
(3) 棚表は、保管棚の配置された日付、位置(階番号と区画番号)及び棚名称を管理する。
(4) 箱表は、箱名称を管理する。
(5) 書類預託表は、部署から預かった書類の保管状況(預託日と返却日)を管理する。預託日には、書類を預かった日付が設定される。返却日には、書類を預かったときにNULLが設定され、書類を返却したときにその日付が設定される。
(6) 書類表は、書類の預け元の部署番号と書類名称を管理する。
(7) 部署表は、部署名称を管理する。
(8) A社の書類管理データベースのE-R図を図2に、構造の一部を図3に示す。