PR

 続いてビルドに必要なパッケージ類をインストールする。ホームディレクトリから,次のコマンドを入力。

$ cd Enterキー
$ sudo apt-get install flex bison gperf libsdl-dev libesd0-dev libwxgtk2.6-dev build-essential zip curl Enterキー

 オプションだが,メモリ・リークなどの調査ツールであるvalgrindもインストールする。

$ sudo apt-get install valgrind Enterキー

 電子署名用のソフト「GnuPGoid」もインストールしておく。

$ sudo apt-get install gnupg Enterキー

 続いて,作業ディレクトリを作り,

$ mkdir bin Enterキー
$ export PATH=~/bin:$PATH Enterキー
 git用のツールである「Repo」をインストールし,その作業ディレクトリmydroidを作成する。

$ curl http://android.git.kernel.org/repo >~/bin/repo Enterキー
$ chmod a+x ~/bin/repo Enterキー
$ mkdir mydroid Enterキー
$ cd mydroid Enterキー

 Androidのソース・コードは全部で2.1Gバイト,ビルドには6Gバイトを消費する。「df -h」コマンドでディスク容量を確認しておく。Repoを使って作業ディレクトリmydroidを初期化する。

$ repo init -u git://android.git.kernel.org/platform/manifest.git Enterキー

 途中で名前と電子メール・アドレスを入力するように求められる。これは将来的にAndroidのソース・コードをコミットした場合に,Android開発チームにレビューしてもらうために必要になる。実際にレビューしてもらい,Androidのソース・コードへのパッチとして正式に採用されるにはGMailのアカウントが必要になる。