PR

問題

問16 3台のコンピュータA ~ Cが図のように接続されている場合、システム全体の稼働率は幾らか。ここで、A ~ Cの稼働率は、すべて0.8とする。また、コンピュータA、Bによって構成されている並列接続部分については、A、Bのいずれか1台でも稼働していれば、当該部分は稼働しているものとする。

ア 0.512
イ 0.768
ウ 0.928
エ 0.992

テクノロジ系>コンピュータシステム>システム構成要素>システムの評価指標

解説と解答

 システムの稼働率を計算する問題です。

 まずAとBの並列接続部分の稼働率を求めます。A、Bのいずれか1台でも稼働していれば稼働しているとみなすので、両方とも故障する確率を1から引いて求めます。

1-(1-0.8)2=1-0.04=0.96

 次に、この並列接続部分とCが直列に接続された全体の稼働率を求めます。両方が共に稼働していないといけないので、稼働率はそれぞれの稼働率を掛け算して求めます。

0.96×0.8=0.768

 以上より正解は、選択肢イです。

城田 比佐子、関谷 昌太
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2010年版」などがある。