PR

 Windows 7を起動すると、Windows Vistaで採用された「サイドバー」がなくなっていることに気付く。だが、Windows 7で「ガジェット」のサポートをやめてしまったわけではない。ガジェットは、サイドバーのような特定の場所に格納するのではなく、デスクトップに直接表示するように変更された。今回は、Windows 7で新しくなった「ガジェット」の詳細を解説する。

ガジェットはデスクトップに直接配置する

 Windows 7では、サイドバーが廃止されている。ガジェットは、直接デスクトップで右クリックして、現れたメニューから「ガジェット」をクリックして起動する。すると、標準搭載されているガジェットを選択するウィンドウが開く。ここから、起動したいガジェットをダブルクリックすれば、直接デスクトップ上にガジェットが配置される(図1)。

図1●Windows 7でガジェットを起動する<br>Windows 7はサイドバーがないので、デスクトップを直接右クリックして表示されるメニューの中に「ガジェット」の項目がある。これをクリックするとガジェットの選択画面が開くので、起動したいガジェットをダブルクリックする。
図1●Windows 7でガジェットを起動する
Windows 7はサイドバーがないので、デスクトップを直接右クリックして表示されるメニューの中に「ガジェット」の項目がある。これをクリックするとガジェットの選択画面が開くので、起動したいガジェットをダブルクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

 このようにWindows 7のガジェットは、サイドバーではなくデスクトップに直接配置するため「デスクトップガジェット」と呼ばれている。Windows Vistaが標準で搭載していた「サイドバーガジェット」(図2)に比べると、Windows 7のデスクトップガジェットは、数が減っている。「株価」「付箋」「連絡先」がなくなり「Windows Media Center」という新しいガジェットが追加されている(図3)。

図2●Windows Vistaが標準で搭載するガジェット
図2●Windows Vistaが標準で搭載するガジェット
[画像のクリックで拡大表示]
図3●Windows 7が標準で搭載するガジェット<br>Windows 7では「株価」「付箋」「連絡先」のガジェットがなくなり、「Windows Media Center」が増えている。
図3●Windows 7が標準で搭載するガジェット
Windows 7では「株価」「付箋」「連絡先」のガジェットがなくなり、「Windows Media Center」が増えている。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料