PR
Fedora 12

開発元:Fedora Project

URL:http://fedoraproject.org/

対応機種:x86,x86_64,PowerPC,PowerPC_64

 Fedora 11をインストールしているユーザーは,アップグレード・パッケージの「preupgrade」を利用することで,Fedora 12にアップグレードすることが可能です。この際,Fedora 11のインストール後にユーザーが導入したアプリケーションについてもFedora 12のパッケージにアップグレードされるため,再度インストールを行う必要はありません。

 また,ユーザーのホーム・ディレクトリやWebサーバーが利用しているドキュメント・ルートに設定されたディレクトリなどといったデータが保存されたディレクトリの内容はそのままFedora 12に引き継ぎます。そのため,アップグレードした直後から,Fedora 11で作成したデータを使うことが可能です。

 さらに,ネットワークなどといったデバイスやサーバーなどの設定についても設定ファイルはそのまま引き継がれます。そのため,再度設定し直す手間が省けます。

 本インストールガイドではFedora 11がインストールされたシステムをFedora 12にアップグレードする方法を紹介します。

 また,アップグレードを行う際は,次のページの注意事項を必ずお読みください。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い