PR

AndroidをUSB起動させる

 では実際の作業に入ろう。Ubuntu 9.04 Desktop(i386版)をインストールしたパソコンに,必要なパッケージをUbuntuのリポジトリからインストールする。移植に必要なパッケージには,Javaの開発環境である「JDK」やバージョン管理システム「Git」などがある。

【Git】 プログラムのソース・コードを格納し,バージョンを管理するソフト。ソース・コードを格納している場所をリポジトリと呼ぶ。Linuxのカーネル開発で,多くの開発者がプログラムを投稿したり変更したりするために作られた。

 先頭に「sudo」を付けて管理者権限で次のコマンドを入力する。

$ sudo apt-get -y install git-core gnupg sun-java5-jdk flex bison gperf libsdl-dev libesd0-dev libwxgtk2.6-dev build-essential zip curl libncurses5-dev zlib1g-dev valgrind g++ Enterキー

 次に,Androidのソースをダウンロードする。Androidはさまざまなソフトで構成されている。それらはバージョン管理システムのGitで管理されている。Gitを使い,リポジトリから移植に必要なソースをすべてダウンロードする。  これらのソフトは別々のGitリポジトリに格納されている。そのため,通常はそれぞれダウンロードしなければならないので面倒だ。

 そこで,複数のGitリポジトリをまとめて扱える「repo」というコマンドを利用しよう。次のようにrepoを導入する。次の例では,ユーザー・フォルダ内の「bin」ディレクトリにrepoコマンドを作成している。

$ mkdir ~/bin Enterキー
$ curl http://android.git.kernel.org/repo > ~/bin/repo Enterキー
$ chmod a+x ~/bin/repo Enterキー

 続いて,次のように「~/bin/」を環境変数のPATHに加え,コマンド名だけで実行できるようにしておく。

$ export PATH=~/bin:$PATH Enterキー
 Androidのコンパイルには,JDK 1.5を使用する。コンパイルの前にバージョンを確認しておこう。

$ java -version Enterキー

 1.5以外の場合は,次の手順で切り替える。

$ sudo update-java-alternatives -s java-1.5.0-sun Enterキー