PR

 名刺交換は、自分を知ってもらうための行為です。また名刺は「相手の顔」です。一連の動作は、丁寧に行うよう心がけましょう。

 座ったままの名刺交換は横柄です。相手が座っていたとしても、誠実さを印象付けるために、自分は立って名刺交換します。

 名刺交換の際は、相手と自分の間にテーブルを挟まないようにします。場所を移動するとかえって周囲に迷惑をかける場合はテーブル越しでも構いませんが、その場合は「テーブル越しで失礼します」と一声かけてから、名刺を交換しましょう。

 名刺交換の方法は、2種類あります。「交互交換」と「同時交換」です。

 「交互交換」は、Aさんが名刺を差し出してBさんが受け取り、その後で、Bさんが指し出してAさんが受け取るというように、交互に名刺を交換する方法です。「同時交換」は、お互いが名乗った後、同時に名刺を交換する方法です。

 どちらの方法でも、まず自分の名刺を1枚だけ名刺入れの上に置き、両手で持って、「はじめまして。○○社の△△です」と名乗りながら差し出します。このとき、相手にとって文字を読みやすくするために、名刺の文字は相手に向けておきます。

 名刺を両手で差し出したときに、相手が名乗らずにそのまま名刺を受け取る姿勢を見せたら、「交互交換」と判断します。そのまま相手に名刺を受け取ってもらい、いったん自分の胸のところまで名刺入れを戻します。続いて相手が名乗りながら名刺を差し出すので、名刺入れを相手の名刺の下側に差し出し、両手で受け取ります。

 あなたが名乗って両手で名刺を差し出した後、相手も名乗ったら、「同時交換」と判断します。自分の名刺を右手の親指と人差し指で持ち直し、名刺入れは左手で持ち、名刺を名刺入れの少し右側にずらしましょう。相手が名乗り終わったら、自分の名刺を右手で持って相手の左手の名刺入れの上に置き、同時に相手の名刺を左手の名刺入れで受け取って、すぐに両手で持ちます(相手が左利きの場合は逆に持ち替えます)。

 どちらの方法でも、「頂戴いたします」と言いながら、名刺を受け取りましょう。この時に一礼すると、より丁寧な印象になります。受け取った名刺は両手で支えながら「○○様ですね。よろしくお願いいたします」と、相手の名前を復唱し、確認します。

 「交互交換」と「同時交換」どちらが良い悪いということはありません。相手の行動を見て、相手に合わせるように行動することが必要です。

 名刺を差し出す際は、最初は「胸の高さ」にしておきます。相手が名刺を構えたら、その若干下から名刺を差し出すようにすると印象が良くなります。自分の名刺を下にすることで、相手を立てていることを表現できます。ただし、お互いに下に下に・・・と譲り合っていると、かえって交換しづらくなりますので、「下から名刺を出そうとした」というアピールが一度でもできたら、譲り合いすぎることなく、名刺を交換しましょう。

 相手の名刺を受け取るときに、選択肢5の「名刺の字を隠すくらいしっかりと両手で受け取る」は、やってはいけない動作です。相手の会社のロゴや住所を隠してしまっても失礼とされます。選択肢6のように名刺の端を丁寧に持ちましょう。もちろん、落としてしまわないよう注意して扱います。

 交換した名刺は、すぐに名刺入れにしまってはいけません。打ち合わせ中は自分の名刺入れの上に置いておき、打ち合わせが終了する際に、丁寧に名刺入れにしまいましょう。


岩淺 こまき(いわあさ こまき)
グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント
1997年,システム販売会社に就職し,営業・技術支援および導入企業向けの研修を担当。その後,人材紹介会社での中途入社社員向けビジネスマナー/IT研修,メーカーでの販売促進セミナーの企画・運営業務を経て,2007年より現職。ビジネスマナー,プレゼンテーション,コミュニケーションなどヒューマン・スキル研修の実施に当たっている。