PR

問題

問27 製品やサービスの価値を機能とコストの関係で把握し、体系化された手順によって価値の向上を図る手法はどれか。

ア 重要成功要因
イ バリューエンジニアリング
ウ バリューチェーン
エ 付加価値分析

ストラテジ系>経営戦略>経営戦略マネジメント>ビジネス戦略と目標・評価

解説と解答

 バリューエンジニアリング(VE:Value Engineering)とは、製品やサービスの「価値(value)」を、製品やサービスに対して顧客や利用者が求める「機能(function)」と、その機能の実現のためにかかる「コスト(cost)」の関係で把握し、体系化された手順によって「価値」の向上を図る手法です。「価値工学」とも呼ばれます。

 バリューエンジニアリングでは、顧客や利用者の立場で製品やサービスに求められる機能を分析し、本当に必要な機能のみを選び出します。そして、その機能を実現するためにかかるコストを分析し、性能・信頼性・品質などに影響を与えずにコストを低減する方法について色々なアイディアを出し合い、機能を達成するための最適な方法を設計します。

 このような一連の組織活動によって最低のライフサイクルコストで機能を実現できるようになり、製品やサービスの「価値」が高められ,企業体質の強化や収益力の向上が図れます。

 なお,バリューエンジニアリングでは,一般に次式によって製品やサービスの「価値」を算出します。

価値(value)=機能(function)÷コスト(cost)

 したがって正解は、選択肢イです。

 そのほかの選択肢についても確認しておきましょう。

 選択肢アの重要成功要因(CSF:Critical Success Factors)は、経営目標や戦略目標を達成するために欠かすことのできない成功要因(成功するための重要な機能や特性)です。

 選択肢ウのバリューチェーン(Value Chain)は、企業の提供する製品やサービスなどを「価値(value)」として捉え、「調達→製造→販売」といった一連の企業活動の流れの中で生み出され、累積されていく“価値の連鎖”のことです。

 選択肢エの付加価値分析(Value Added Analysis)は、投入した経営資源に対してどの程度の付加価値を生み出しているか、また、生み出した付加価値を利害関係者にどのように配分しているかなどを分析することです。付加価値とは、企業活動によって新たに生み出された価値のことであり、人件費や企業利益などが該当します。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て、1998年より現職。保持する資格は、プロジェクトマネージャ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(情報セキュリティ)、基本情報技術者など多数。著書に「短期完全マスター ITパスポート 2009年版」などがある。