PR

アプリケーションを開発する

 それでは,日英翻訳アプリケーションを開発する。次のような仕様とする。

●画面上のテキスト・ボックスに日本語を入力し,「Translate」ボタンを押せば,入力した日本語を英語に変換する
●画面から[Send]ボタンを押せば,他のアプリケーションに翻訳した結果を渡す
●画面上に表示されているボタン,あるいはメニュー・ボタンから操作できる。画面上の翻訳ボタンでは,入力されている言語を自動認識して翻訳するが,メニュー・ボタンでは,翻訳する言語を選択して翻訳する。Androidでは,画面上に表示されない詳細な操作をするためにメニュー・ボタンを使用する(写真2)。

写真2 詳細な操作のためのメニュー・ボタン
写真2 詳細な操作のためのメニュー・ボタン
[画像のクリックで拡大表示]

ひな型の作成

 ここでは,Androidのが備えるサンプル・プログラムを改良してアプリケーションを作成する。サンプル・プログラムの中で上記仕様に最も近い「Skelton Appli」を使う。

 最初に,Eclipseでサンプル・プログラムをワークスペースにコピーする。このとき,Eclipseのディレクトリ(デフォルトは「~/workspace」)の直下にコピーしてしまうとプロジェクト*2が作成できないので「android」というディレクトリを作成してディレクトリごとコピーする。

*2 Eclipseでは,プロジェクトと呼ぶ単位でアプリケーションを作成する。

$ mkdir Eclipseのディレクトリ/android Enterキー
$ cp -R SDKのディレクトリ/platforms/android-1.6/samples/SkeletonApp Eclipseディレクトリ/android/TranslatorAppli Enterキー
 ここで,図6のように,コピーしたディレクトリ内のソース・コードを,新たなプロジェクトとして開く。

図6 Eclipseでのプロジェクト作成方法
図6 Eclipseでのプロジェクト作成方法
[画像のクリックで拡大表示]