PR

 訪問は受付に行く前から始まっています。受付の担当者に好印象を持ってもらえるよう、受付に向かう前に、身だしなみを整えましょう。

 とは言っても、選択肢4の「ビルのトイレで身だしなみを整える」はNGです。訪問相手と会ってしまう可能性があります。もしそうなったら、会う準備をする前の状態を見せてしまうことになり、失礼に当たります。

 身だしなみは、ビルに入る前に整えます。具体的には、コートを脱ぎ腕にかけ、ジャケットやネクタイがよれていないか確認します。コートは内側を外にするよう裏返しにして腕にかけます。外でついたほこりを、ビル内に持ち込まないためです。

 よく肩にかばんをかけて受付の記帳をしている人を見かけますが、机の上にかばんが乗ったり、ショルダーベルトに引っぱられてネクタイがねじれてだらしない印象を与えたりと、あまり良いことはありません。ビルに入る前にショルダーバッグは肩からはずして、持ち手に持ち替えましょう。

 身だしなみを整えたら、気持ちを落ち着けて、ビルの中に入りましょう。相手に「この人ならパートナーとして安心できる」と思ってもらえるよう、外見と内面の両方の準備を行い、相手を訪問してください。


岩淺 こまき(いわあさ こまき)
グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント
1997年,システム販売会社に就職し,営業・技術支援および導入企業向けの研修を担当。その後,人材紹介会社での中途入社社員向けビジネスマナー/IT研修,メーカーでの販売促進セミナーの企画・運営業務を経て,2007年より現職。ビジネスマナー,プレゼンテーション,コミュニケーションなどヒューマン・スキル研修の実施に当たっている。